サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

はじめに

Libgdx はクロースプラットフォームのゲームを視覚的に開発するフレームワークです。 現在のところ、対象プラットフォームとしてWindows, Linux, Mac OS X, Android, Blackberry, iOS, HTML5をサポートしています。

Libgdxを使うことで、一度コードを記述してしまえば以降はコードを編集することなく、複数のプラットフォームに対応したゲームを作成できます。 コードを編集した後に端末へ配布したりHTML5へコンパイルしたりして動作確認すると時間がかかりますが、代わりにデスクトップアプリケーションとして実行して動作確認をすることで、開発における反復サイクルを高速化することができます。 生産性を上げるために、Java エコシステムの全てのツールを使用することができます。

Libgdxでは、望むのであればファイルシステムや出力デバイスや音声デバイスやOpenGL(OpenGL ES 2.0や3.0経由)に直接アクセスするといった、ローレベル階層での操作も可能です。

これらローレベル機能の上で、スプライトやテキストの描写・ユーザーインタフェースの構築・サウンドエフェクトやミュージックストリームの再生・線型代数や三角法の計算・JSON やXMLの解析、などを行う際に役立つ強力なAPI群が用意されています。

必要であれば、libgdx はJavaの領域をそのままにしてネイティブコートを使用し、可能な限りパフォーマンスを向上させられます。 これらの機能は全てJava API 内部に隠匿されているので、ネイティブコードを異なるプラットフォーム向けにクロスコンパイルする際に気にする必要はありません。 プラットフォームの問題に関してはほぼlibgdx が対処するので、あなたがそれら問題に対処する必要はありません。

Libgdx では最大公約数的なソリューションは存在しないと考えており、エンジンではなくフレームワークを目指しています。 ゲームやアプリケーションをどのようにして記述するかをあなた自身が選べるように、抽象化された強力な機能を提供します。



既存の優れたライブラリを活用する

Libgdx では優れた機能を持つ多くのサードパーティ製ライブラリと連携できます。:




エンジェル戦記