サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Bullet ラッパーのセットアップ

Bullet ラッパー(gdx-bullet 拡張) は現在、デスクトップ版と android 版と ios版をサポートしています。 現時点ではGWT 版はサポートしていません。

Bullet ラッパーを使用できるようにプロジェクトを設定する最も簡単な方法は、 セットアップユーティリティ を使うことです。セットアップユーティリティはgdx-bullet拡張を含むオプションを持っています。

Gradle プロジェクトに手動でBullet ラッパーを追加する方法は、ここを参照してください。

Gradleを使用していない場合は、手動でBullet ラッパーを追加できます:

  • プロジェクトで bullet 物理演算を使用するには、core プロジェクトにadd gdx-bullet.jarを追加する必要があります。 それ以外の方法としては、メインプロジェクトのビルドパスのプロジェクトにgdx-bulletプロジェクトを追加することで可能ます。
  • desktop プロジェクトの場合、ライブラリに gdx-bullet-natives.jar を追加する必要があります。
  • android プロジェクトの場合、armeabi/libgdx-bullet.so ファイルと armeabi-v7a/libgdx-bullet.so ファイルを android プロジェクトのlibs フォルダーにコピーする必要があります。