サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

開発環境 (Eclipse, Intellij IDEA, NetBeans)の設定

Libgdx プロジェクトでは依存関係・ビルドプロセス・統合開発環境との連携を管理するためにGradleを使用しています。 このおかげで好みの開発環境でアプリを開発できます。 最大の利点は、あなたのチームメイトがあなたと異なる開発環境を使っていても同じプロジェクトで作業ができることです! IDE 固有のファイルをソース制御にコミットしないでください。Gitを使用していれば、libgdx プロジェクト内にある .gitignoreファイルがそれを行います。



iOS向け開発での設定

いずれの開発環境を選んだとしても、iOS向けの開発をする場合は以下が必要になります:

RoboVM のトライアルキーは30日間有効なのですぐに開発を始められます。 無料版のインディーズプログラムに申請すると、30日以内にあなたのトライアルキーは完全版のインディーズライセンスへアップグレードされます。 アップグレードされるとメールが届きます。

RoboVM のインディーズキーを使用すると、商用・非商用問わず好きなだけゲームを開発できます。 キーは 永続的に有効です。 チームで作業をしている場合は、メンバー全員が別々のキーを登録するようにしてください。 開発チームが3人以上の場合は hello@robovm.comへ連絡してください。 一流 スタジオがインディーズプログラムを悪用しようとしていないか、RoboVM が確認するためです。 こうした一流 スタジオはライセンス料を支払う必要があります。インディーズのチームであれば、メンバーが何人でも無料でライセンスを取得できます。

開発環境によって違いますが、以下の手順に沿ってキーを有効化できます。 注意: Mac OS X上でしかiOS向けのコンパイルができないのと同様に、 Mac OS X上でしかライセンスキーの有効化はできません。

Gradle
プロジェクトのルートディレクトリで以下のコマンドを実行します:


./gradlew :activateLicense -Probovm.licenseKey=your-key-here

Eclipse
RoboVM Eclipse プラグインを実行した後、 RoboVM -> License Managerと進んでキーを入力します。

IntelliJ IDEA/Android Studio
RoboVM IDEA プラグインをインストールした後、RoboVM -> License Managerと進んでキーを入力します。



Eclipseを設定する

Eclipseでアプリケーションを開発するには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります。

加えて、iOS向けの開発をするには以下が必要です。

  • Mac機。Appleの尽力により、Windows/Linux 上ではiOS の開発ができなくなっています。
  • 最新のXCode。 Mac OS X App Store で無料で入手できます。
  • RoboVM Eclipse プラグイン。単純に、Eclipse プラグインをインストールするだけです。プラグインの更新は頻繁に行ってください!

これらのツールを全てインストールしたら、プロジェクトを作成するへ進みます。



Intellij IDEAを設定する

Intellij IDEAでアプリケーションを開発するには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります。

  • Java 開発キット (JDK) 7以降 (6 では動作しません!)
  • Intellij IDEA。コミュニティエディションで問題ありません。 現在のバージョン(15.0.2)では、あなたのプロジェクトがAndroid それ以外の環境の両方を対象としている場合に'実行構成'のバグがあるので注意してください。 対処方法についてはこのトピックを参照してください。
  • Android SDK。SDKのみ必要です。ADT バンドル版は Eclipseまで含まれているので必要ありません。SDK マネージャーを使って最新の安定版プラットフォームをインストールしてください。 また、Android SDKのインストールされているディレクトリを参照するANDROID_HOMEと呼ばれる環境変数を作成する必要があります!

加えて、iOS向けの開発をするには以下が必要です。

これらのツールを全てインストールしたら、プロジェクトを作成するへ進みます。



Android Studioを設定する

Android Studioでアプリケーションを開発するには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります。

Bad Logicの提供するツールを使ってlibGDXをインストールする方法については分かりやすいチュートリアルがあります。

加えて、iOS向けの開発をするには以下が必要です。

これらのツールを全てインストールしたら、プロジェクトを作成するへ進みます。



NetBeansを設定する

NetBeansでアプリケーションを開発するには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります。

加えて、iOS向けの開発をするには以下が必要です。

  • Mac機。Appleの尽力により、Windows/Linux 上ではiOS の開発ができなくなっています。
  • 最新のXCode。 Mac OS X App Store で無料で入手できます。

これらのツールを全てインストールしたら、プロジェクトを作成するへ進みます。