サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

ジャイロスコープ

一部のAndroid 端末には、端末のX軸・Y軸・Z軸周りにおけるラジアン/秒単位の回転速度を伝えるジャイロスコープが組み込まれています。

注意: RoboVM - バックエンドではジャイロスコープが実装されていないので、現時点ではiOS端末上でジャイロスコープは使用できません。

まず最初にandroidの設定でジャイロスコープを有効にする必要があります。(一般的には AndroidLauncher.java ファイルで設定します)

config = new AndroidApplicationConfiguration();
config.useGyroscope = true;  //default is false

//you may want to switch off sensors that are on by default if they are no longer needed.
config.useAccelerometer = false;
config.useCompass = false;

ジャイロスコープが使用可能かどうかの照会は、以下のように行います:

boolean gyroscopeAvail = Gdx.input.isPeripheralAvailable(Peripheral.Gyroscope);

ジャイロスコープが使用可能と分かったら、ジャイロスコープの状態をポーリングできます::

if(gyroscopeAvail){
    float gyroX = Gdx.input.getGyroscopeX();
    float gyroY = Gdx.input.getGyroscopeY();
    float gyroZ = Gdx.input.getGyroscopeZ();
}