サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Gradle と Eclipse

libgdx プロジェクトの生成ができたので、遂にEclipseでのゲーム開発を始められます!

プロジェクトを Eclipseにインポートする前に、開発環境を設定したかを確認してください!



プロジェクトをインポートする

File -> Import -> Gradle -> Gradle Projectと進み、 参照 をクリックしてインポートするプロジェクトのルートフォルダを開き、モデルのビルドをクリックします。しばらく待つと、ルートプロジェクトとそのサブプロジェクト (android, core, desktop, html, ios)が表示されます。表示された全てのプロジェクトにチェックを入れて 完了をクリックします。Gradleがいくつかの依存ファイルをバックグラウンドでダウンロードするため、この処理の初回実行時には1~2分時間がかかります。



一般的な問題

Eclipse のワークスペースフォルダを、あなたのプロジェクトのルートフォルダと同じにしてはいけません(この問題を参照してください)。

validation-api:1.0.0.GAの記事を見落として問題が発生してしまった場合は、C:\Users\username\.m2/Users/username/.m2/home/username/.m2にあるMavenキャッシュを削除してください。

最初にプロジェクトをインポートしてエラー:com/github/jtakakura/gradle/plugins/robovm/RoboVMPlugin : Unsupported major.minor version 51.0が発生した場合は、Oracleの JDKバージョン7以上が動作しているか確認してください。



プロジェクトを実行する

  • デスクトップ: デスクトップ用プロジェクトを右クリックし、Run As -> Java Applicationと進んでください。デスクトップ用の起動クラス (例えば DesktopLauncher.java)を選んでください。
  • Android: 端末が接続され、それがDDMS上に表示されていることを確認してください (Android 開発者ガイド参照)。Android プロジェクトを右クリックし、 Run As -> Android Applicationと進んでください。
  • BlackBerry 10: BlackBerry Eclipse プラグインをインストールする必要があります (http://developer.blackberry.com/android/documentation/install_bb_plugin_adt.html). トークンの署名に使う BlackBerry ID が必要です。このIDは こちらの 手順に沿って取得できます。 プロジェクトを右クリックして、BlackBerry 配下のTools -> Start ADB Proxy Managerと進みます。 そこでは、端末上での再生ボタンをクリックできます。 "Running at port #49570" と表示された後にADB デバイス一覧にその端末デバイスが表示され、本物のAndroid デバイスのように実行できます。
  • iOS RoboVM:iOS上で実行やデバッグを行う前に、RoboVM Eclipse プラグイン がインストールされているか確認してください。 プラグインのインストールができたらrobovm プロジェクトを右クリックし、Run As -> iOS Device Appと進んで接続された端末上で実行するか、Run As -> iOS Simulator Appと進んでiOSシミュレータ上で実行してください。 端末上で実行する場合は、アプリを配置できるように端末の設定を行う必要があります!
  • HTML5: html プロジェクトを右クリックし、 実行 -> 外部ツール構成と進みます。 左サイドバーにある Programの項目をダブルクリックして新しい設定を作成します。 設定には GWT SuperDevのように名前をつけます。 ロケーションの欄に gradlew.batファイル (Windows) か gradlewファイル (Linux, Mac)を設定します。 作業ディレクトリーの欄にあなたのプロジェクトのルートフォルダを設定します。 引数として html:superDev を設定します。 '適用'を押し、それから'実行'を押します。 コンソールビューにThe code server is readyというメッセージが表示されるまで待ち、それからURL http://localhost:8080/htmlを開きます。サーバは実行したままにしておくことができます。 コードやゲーム素材を変更した場合は、単純にブラウザ上でSuperDev Refreshボタンをクリックしてください。 これでアプリが再コンパイルされてサイトを再読み込みします。

この APIを使ったGradleでのバグが修正されれば、Gradle インテグレーションを使って簡単に HTML5 を実行できるようになります。



プロジェクトをデバッグする

プロジェクトをデバッグする手順は実行する時の手順と同じですが、Run asをクリックするのではなくDebug asをクリックして起動してください。 html ビルドのデバッグは、ブラウザ上で以下のように行われます:

前と同じように superDev の実行構成を実行します。 http://localhost:8080/htmlを開き、 SuperDev Refreshボタンをクリックします。Chromeでは F12 を押して開発者ツールを起動し、ソースタブを見てデバッグするJavaファイルを探します。 ソースマップの力を使って、ブレークポイント・ステップ・検査用変数を設定します! コードやゲーム素材を変更した場合は、 SuperDev Refreshボタンをクリックしてください(サーバプロセスは起動したままにしてください!)。



プロジェクトをパッケージする

コマンドライン上からアプリケーションをパッケージしたり、Intellij IDEAのGradle タスクを使用してアプリケーションをパッケージするのはとても簡単です。 パッケージ処理に関連するGradle タスクについてはGradle コマンドラインのドキュメントを確認してください。