サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Gradle と NetBeans

libgdx プロジェクトの生成ができたので、遂にNetBeansでのゲーム開発を始められます! プロジェクトを NetBeansにインポートする前に、 開発環境を設定したかを確認してください!



プロジェクトをインポートする

File -> Open Project...と進み、あなたのプロジェクトのルートを開いて Open Projectをクリックしてください。 これで NetBeans はプロジェクトをインポートします。 Gradleラッパーといくつかの依存ファイルをダウンロードするため、初回時には少し時間がかかることがあります。 プロジェクトビュー画面でプロジェクトを展開し、Subprojectsノードを右クリックして Open Subprojectsを選んでください。



一般的な問題

validation-api:1.0.0.GAの記事を見落として問題が発生してしまった場合は、C:\Users\username\.m2/Users/username/.m2/home/username/.m2にあるMavenキャッシュを削除してください。



プロジェクトを実行する

In the project view:

  • デスクトップ: デスクトッププロジェクトを右クリックし、 Runをクリックします。これでプロジェクトが実行できます。
  • Android: 端末が接続されていることを確認してください。 Android プロジェクトを右クリックし、 Tasks -> installDebugと進みます。
  • iOS RoboVM: robovm プロジェクトを右クリックし、 Tasks -> launchIPhoneSimulatorと進みます ( provisioned devicesの場合は代わりに launchIPadSimulatorlaunchIOSDevice)。 RoboVM が全てのJDK をiOS用にコンパイルする必要があるため。初回の実行は少し長く時間がかかります。以降の実行ではかなり速くコンパイルできます!
  • HTML5: html プロジェクトを右クリックし、 Tasks -> superDevと進みます。 You can now follow the build process in the console. この処理ではJavaコードが Javascriptにコンパイルされるので少し時間がかかります。 The code server is readyというメッセージが表示されたら、ブラウザを起動して http://localhost:8080/gwtを開きます。 これでブラウザ上であなたのアプリが実行されています! Javaコードやゲーム素材を変更した場合は、サイトを開いてる状態のブラウザ上でSuperDev Refreshボタンをクリックするだけです。するとサーバがあなたのコードを再コンパイルしたページを再読み込みします!


プロジェクトをデバッグする

プロジェクトをデバッグする手順は実行する時の手順と同じですが、RunではなくDebugをクリックして構成を起動してください。 RoboVM は現時点ではデバッグ機能をサポートしていないので注意してください。html ビルドのデバッグはブラウザ上で以下の方法で行えます:

前と同じように superDev Gradle タスクを実行します。 Go to http://localhost:8080/gwt, click on the SuperDev Refresh button and hit Compile. Chromeでは F12を押して開発者ツールを起動し、ソースタブを見てデバッグするJavaファイルを探します。 ソースマップの力を使って、ブレークポイント・ステップ・検査用変数を設定します!



プロジェクトをパッケージする

コマンドライン上からアプリケーションをパッケージしたり、NetBeansのGradle タスクを使用してアプリケーションをパッケージするのはとても簡単です。 パッケージ処理に関連するGradle タスクについては Gradle コマンドラインドキュメントを確認してください。