サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Gradleベースでのプロジェクト設定



libgdx プロジェクトを作成する

Libgdx には、gdx-setup.jarという名前のファイルが付属しています。これはGUIとコマンドラインで実行できるツールです。 使い方は、このJAR ファイルを実行して設定UIを開くだけです。
コマンドライン上でJAR ファイルを実行するには、以下のようにします:
java -jar gdx-setup.jar



gdx-setup.jarをダウンロードする

あなたのアプリケーション名、Java パッケージ名、メインクラス名、出力ディレクトリ、 android sdkへの参照を入力します。 次に、サポートするプラットフォームを選択します。注意: 一度選択すると、新たにサポートするプラットフォームは手動で追加する必要があります! 最後に、アプリにインクルードする拡張を選択します。 拡張によっては全てのプラットフォームでは動作しない可能性があり、その場合は警告が表示されます。 全ての設定が完了したら "Generate"をクリックします。 これで、プロジェクトを統合開発環境(IDE)へインポートして、それを実行・デバッグ・パッケージする準備ができました!

Note that the Advanced button lets you set the project generation to generate Eclipse and/or IDEA projects without Gradle integration, as described in more detail in the wiki article about workflow without Gradle, as well as options to use an alternative repository to Maven Central and to not force downloading dependencies.



コマンドライン上で libgdx プロジェクトを作成する

コマンドラインからgdx-setup.jarを実行するには、以下の引数を指定します。

  • dir: プロジェクトを出力するディレクトリ。相対パスか絶対パスで指定
  • name:アプリケーションの名前。例えばmygameのように、小文字とマイナス記号を使うと良いでしょう
  • package: com.badlogic.mygameのような、あなたのコードを配下に置くための Java パッケージ名
  • mainClass: MyGameのような、あなたのアプリのメイン ApplicationListener の名前
  • sdkLocation: android sdkのある位置。ANDROID_HOME が設定されていない場合、Intellij はこの値を使用します

以下のように引数を全て設定し、コマンドライン上からプロジェクトジェネレーターを実行できます:

java -jar gdx-setup.jar --dir mygame --name mygame --package com.badlogic.mygame --mainClass MyGame --sdkLocation mySdkLocation



プロジェクトレイアウト

以下のような配置のmygameという名前のディレクトリが作成されます。:

settings.gradle            <- definition of sub-modules. By default core, desktop, android, html, ios
build.gradle               <- main Gradle build file, defines dependencies and plugins
gradlew                    <- script that will run Gradle on Unix systems
gradlew.bat                <- script that will run Gradle on Windows
gradle                     <- local gradle wrapper
local.properties           <- Intellij only file, defines android sdk location

core/
    build.gradle           <- Gradle build file for core project*
    src/                   <- Source folder for all your game's code

desktop/
    build.gradle           <- Gradle build file for desktop project*
    src/                   <- Source folder for your desktop project, contains Lwjgl launcher class

android/
    build.gradle           <- Gradle build file for android project*
    AndroidManifest.xml    <- Android specific config
    assets/                <- contains for your graphics, audio, etc.  Shared with other projects.
    res/                   <- contains icons for your app and other resources
    src/                   <- Source folder for your Android project, contains android launcher class

html/
    build.gradle           <- Gradle build file for the html project*
    src/                   <- Source folder for your html project, contains launcher and html definition
    webapp/                <- War template, on generation the contents are copied to war. Contains startup url index page and web.xml


ios/
    build.gradle           <- Gradle build file for the ios project*
    src/                   <- Source folder for your ios project, contains launcher

* These scripts contain tasks that package natives and distribute your applications on the respective platforms, you can add/maintain these tasks yourself, but only do so if you are familiar with Gradle, and what these tasks are doing, otherwise you will break your project.



Gradleとは何か?

Gradle は依存関係の管理とビルドを行うシステムです。

この依存管理システムでは、あなたのソースツリー内にライブラリを保存しなくても、サードパーティ製ライブラリをあなたのプロジェクト内に簡単に持ってこれます。 Instead, the dependency management system relies on a file in your source tree that specifies the names and versions of the libraries you need to be included in your application. サードパーティ製ライブラリの追加・削除・バージョンの変更は設定ファイルを数行変えるだけで簡単にできます。 依存関係管理システムでは、セントラルリポジトリ(今回の場合は Maven Central)であなたが指定したライブラリを取り込み、 プロジェクト外部のディレクトリに保存します。

ビルドシステムでは、特定の統合開発環境(IDE)に縛られることなくあなたのアプリケーションのビルドとパッケージ化を手助けします。 これは、統合開発環境を簡単には使用できないビルドサーバや継続的インテグレーションサーバのような環境の場合に特に便利です。 Instead, the build server can call the build system, providing it with a build configuration so it knows how to build your application for different platforms.

Gradleの場合、依存関係管理システムとビルドシステムは密接に連携して動作します。両方とも同一のファイル群で設定を行います。 詳細情報についてはGradleを使った依存管理と "Packaging" sections below を参照してください。