サイトのトップへ戻る

libGDX ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Gradle と Intellij IDEA

libgdx プロジェクトの生成ができたので、遂に Intellij IDEAや Android Studioでのゲーム開発を始められます(Android Studio はIntellij IDEAを基に作られています)! プロジェクトを Intellij やAndroid Studioにインポートする前に、開発環境を設定したかを確認してください!



プロジェクトをインポートする

Import Projectを開き、あなたのプロジェクトのフォルダーまで進んでbuild.gradle ファイルを選びます。 OKをクリックします。 次に表示されるダイアログで全ての設定を変更せずに再度 OK をクリックします。これでプロジェクトがインポートされます。 Gradleラッパーといくつかの依存ファイルをダウンロードするため、初回時には少し時間がかかることがあります。



一般的な問題

validation-api:1.0.0.GAの記事を見落として問題が発生してしまった場合は、C:\Users\username\.m2/Users/username/.m2/home/username/.m2にあるMavenキャッシュを削除してください。

Mac OS XではUnsupported major.minor version 51.0のメッセージが発生する可能性があります。 初めてIntellij IDEAを使用する場合は、グローバルレベルでJDK を定義していることを確認してください: この ヘルプページを見て作業するか、もしくはようこそ画面から Configure -> Project Defaults -> Project Structure と進んでPlatform Settings -> SDKsにJDKを追加してください。それ以外については、他の考えられる原因とその問題の修正について記載された Serapth氏によるこの記事を確認してください。 (ただ、アプリはデジタル署名がされているのでIntellijの Info.plistを編集するのは推奨しないと警告しています)。

"Error:org.gradle.tooling.GradleConnectionException: Could not execute build using Gradle installation"というエラーメッセージが発生した場合は、 プロジェクト構造を確認( Ctrl + Alt + Shift + S )してあなたの Java JDK を Project SDKに追加してください。



プロジェクトを実行する

  • デスクトップ: Run -> Edit Configurations...と進み、プラス (+) ボタンをクリックして Applicationを選んでください。 Set the Name to Desktop. Set the field Use classpath of module to desktop, then click on the button of the Main class field and select the DesktopLauncher class. Set the Working directory to your android/assets/ (or your_project_path/core/assets/) folder! Apply をクリックして、それから OKをクリックしてください。 これでデスクトッププロジェクト用の実行設定が作成されました。設定を選んでそれを実行できます。
  • Android:Android プロジェクト用の設定はプロジェクトをインポートした時に自動的に作成されます。そのため、必要なのは設定を選んで実行することだけです!
  • BlackBerry 10: BlackBerry Android プラグインをインストールする必要があります (https://developer.blackberry.com/android/documentation/bb_android_studio_plugin_tool.html)。 また、トークンに署名するBlackBerry IDも必要です。これは こちらの手順に沿って取得できます。 BlackBerry 配下のTools -> Start ADB Proxy Managerと進みます。 そこでは、端末上での再生ボタンをクリックできます。 "Running at port #49570" と表示された後にADB デバイス一覧にその端末デバイスが表示され、本物のAndroid デバイスのように実行できます。
  • iOS: iOS上で実行やデバッグを行う前に、この RoboVM IntelliJ IDEA プラグイン をインストールする必要があります。 プラグインをインストールしたら、iOS のシミュレータと端末用の新しい実行設定が表示されます。 端末上で実行する場合は、アプリを配置できるように端末の 設定を行う必要があります!

  • HTML: View -> Tool Window -> Terminal, in the terminal, make sure you are in the root folder of your project. それから gradlew.bat html:superDev (Windows) もしくは ./gradlew html:superDev (Linux, Mac OS X)を実行します。 この処理ではJavaコードが Javascriptにコンパイルされるので少し時間がかかります。 The code server is readyというメッセージが表示されたら、ブラウザを起動して http://localhost:8080/htmlを開きます。 これでブラウザ上であなたのアプリが実行されています! Javaコードやゲーム素材を変更した場合は、サイトを開いてる状態のブラウザ上でSuperDev refreshボタンをクリックするだけです。するとサーバがあなたのコードを再コンパイルしたページを再読み込みします! プロセスを停止するには、ターミナルウィンドウ上で CTRL + C を押すだけです。

    重要 通常のGWT 開発時にはポート 9876が使用されています。そのため、ポート8080を使用する以外の方法でゲームにアクセスしようとすると、プロジェクトが起動しません。



プロジェクトをデバッグする

プロジェクトを実行する手順とほぼ同じですが、run (Play)ボタンを使って起動するのではなく、debug (bug) ボタンを使って構成を起動します。 HTML5 プロジェクトのデバッグはさらに少し複雑です。

前と同じように superDev の実行構成を実行します。Go to http://localhost:8080/html, click on the SuperDev Refresh button and hit Compile. Chromeでは F12 を押して開発者ツールを起動し、ソースタブを見てデバッグするJavaファイルを探します。 ソースマップの力を使って、ブレークポイント・ステップ・検査用変数を設定します!



プロジェクトをパッケージする

コマンドライン上からアプリケーションをパッケージしたり、Intellij IDEAのGradle タスクを使用してアプリケーションをパッケージするのはとても簡単です。 パッケージ処理に関連するGradle タスクについてはGradle コマンドラインドキュメントを確認してください。