サイトのトップへ戻る

AndEngineドキュメント 日本語訳

AndEngineを使ったAndroid ゲーム開発チュートリアル - Part 1 - 紹介

次へ»

この一連のチュートリアル記事はゲームを作りたい人を対象としています。 Android を選んだ理由は、Android が携帯市場で急速に普及しており、なおかつゲームを作り始めるのに最も簡単なプラットフォームだからです。

このチュートリアルにはアプリケーションを記述、コンパイル、実行できるレベルのJavaの基礎知識が必要です。

このページを読んでいるという事は、あなたもゲームを作りたいということでしょう。 おそらく既に色々と調べてAndEngineを選んだかもしれませんが、一旦忘れてまた最初から始めてみましょう。



どうやってゲームを作るのですか?ゲームを作る最適な方法は何ですか?

おそらくこれは、あなたがこれまでずっと悩んでいる疑問かもしれません。 ゲーム制作には、(どんなプラットフォームのどんなゲームであろうと)多くの作業と根気と忍耐が必要です。 それは簡単なことではありません! この質問に対するシンプルな回答はありません。

ゲームを作るには何通りもの方法があり、このチュートリアルではそのうちの一つを説明します。 ゲームを作る最適な方法は、完成させられるゲームを選ぶことです。



ゲームを作るのにどれくらいの期間がかかりますか?

この疑問についてもこれまでずっと悩んでいたことでしょう。 しかしこの疑問に対しても回答はありません - とても簡単なゲームであれば1日で作れますし、1年かかることもあります。



なぜAndEngineなのですか?

AndEngineはAndroid とJavaが提供するリソースを自由に使ってゲームを作成できる、最も簡単なエンジンの一つです。 例えばlibgdxのようなさらに自由度の高いフレームワークもありますが、それだとゲーム開発により多くの労力が必要になります。 ゲーム作成プログラムを使うと作業はとても簡単になりますが、自由度は低くなります。 AndEngine はその中間的な性能を持っているのです。



何から始めれば良いですか?

小さなゲームから作り始めましょう! 例え素晴らしいゲームのアイディアを持っていたとしても、初めてゲームを作るのであればそのアイディアは一旦置いておきましょう。 まずはとても簡単な題材を選び、ゲームを完成させるようにしましょう。もしくはTic-Tac-ToeやPong や Space Invaderのような古典ゲームのクローンを作りましょう。 数週間で完成するものを作りましょう。



Squongの紹介

今回は古典ゲームPongのクローンを作ることにします。Pong と Squashのルールを組み合わせるので、それを Squong と呼ぶことにしましょう。 アイディアの作成やゲームのデザイン、コードの記述、ゲームのテストと公開といった全ての開発プロセスについてお教えしましょう。 ゲームの宣伝の基礎についても説明します。

このゲームは既に公開されていますが、ベータ版のみの公開です。 このチュートリアルに沿って学習し、ゲームもプレイしてみたいのであれば、ベータテストに参加できます。 ベータテストのメリットについては後で説明します。

後ほどゲームの完全なソースコードを公開するので、ライセンスに準拠するのであればゲーム内の任意のコードに使用することができます。

まず最初に、以下のGoogle+のコミュニティに参加する必要があります。これは公開されているので、誰でも参加できます。:
https://plus.google.com/communities/117947815780337015177

次に、以下のリンクヘ行ってBecome A Testerボタンをクリックします:
https://play.google.com/apps/testing/is.kul.squong

その後ゲームをダウンロードすることができます。 ベータテスト用に使用しているGoogle アカウントにログインすると、Play Store内でまるで一般公開されているかのようにゲームが表示されます:
https://play.google.com/store/apps/details?id=is.kul.squong



次のパート

次のパートでは、Squongのゲームコンセプトについて説明します。 アイディアを思いつく方法と、それを作り始める方法についてです。




エンジェル戦記