サイトのトップへ戻る

Google App Engine ドキュメント日本語訳

Google App Engineとは何ですか?

Google App Engine とは、Googleのインフラ上でアプリケーションの構築と実行をすることができるサービスプラットフォーム(PaaS) です。 App Engine アプリケーションは構築、維持、トラフィックやデータストレージの変更が必要になった場合の拡張が簡単にできます。 App Engineを使えば、あなたがサーバを管理する必要はありません。アプリケーションをアップロードし、それを実行するだけです。



App Engine のランタイム環境

Google App Engine は様々なプログラム言語で書かれたアプリをサポートしています。

  • Java: App EngineのJava ランタイム環境を使用して、標準のJavaテクノロジーを使用したアプリケーションを構築することができます。
  • Python: App Engine は高速の Python インタプリタと標準の Pythonライブラリを実装しています。
  • PHP: あなたが標準のPHP ファンクションを呼び出した場合、App Engine は内部にあるGoogleクラウドプラットフォームサービスを使用します。
  • Go: App Engine は、コンパイルされたGoコードをネイティブに実行するGOランタイム環境を実装しています。

Google App Engine を使えば、高負荷や大量にデータがある環境でも確実に実行されるアプリケーションを、簡単に構築・配置できます。Google App Engine には以下の機能があります:

  • クエリ、並び替え、トランザクションを備えた永続ストレージ。
  • スケーリングと負荷分散を自動的に行う。
  • リクエスト範囲外の処理を実行するための非同期タスクキュー。
  • 指定した時間や一定の間隔でイベントを発生させるためのスケジュールタスク。
  • 他のGoogle クラウドサービスおよび APIとの連携。

アプリケーションは安全なサンドボックス環境で動作します。サンドボックス環境では、 App Engine は複数のサーバにリクエストを割り振り、トラフィックの増減居合わせてサーバをスケーリングします。あなたのアプリケーションは、ハードウェアやオペレーションシステムや物理的なサーバ位置に依存しない、専用の安全で信頼性の高い環境で実行されます。 全機能の一覧については、 機能のページを参照してください。



App Engine の開発環境

App Engine用のソフトウェア開発キット (SDKs) はサポートしている全てのプログラム言語で使用できます。各 SDK には以下が含まれています:

  • App Engineで使用できるAPIとライブラリ全部。
  • ローカルコンピュータ上で App Engineサービスを全てエミュレートする、サンドボックスのシミュレーション環境。
  • アプリケーションをクラウドへアップロードし、アプリケーションの異なるバージョンを管理するためのデプロイメントツール。

このSDK はあなたのアプリケーションをローカルで管理し、 管理コンソールはあなたの製品版のアプリケーションを管理します。 管理コンソールでは、ウェブベースのインタフェースを使って新しいアプリケーションの作成、ドメインネームの設定、動作するアプリケーションのバージョン変更、アクセスログとエラーログの調査、他にも様々なことを行います。



割り当て量と制限

App Engine では、 1 GB のデータストレージとトラフィックを無料で使用できます。これは料金を支払って増加させることができます。 しかし、いくつかの機能については、システムの安定性を保護するために、割り当て量に関係なく制限が課されます。 割り当て量を必要に応じて変更する方法など、詳細については割り当て量のページを参照してください。



始めるには...

  1. SDKをダウンロードします
  2. アカウントを登録します
  3. あなたが使用するプログラム言語の 入門情報を読んでください。
  4. App Engine ドキュメントの残りの項目も確認してください。

Google App Engineへようこそ!



エンジェル戦記