サイトのトップへ戻る

Google App Engine ドキュメント日本語訳

Users サービスを使用する

Google App Engine では、Google インフラ上のいくつかの便利なサービスを使用できます。 そのようなサービスの一つにUsers サービスがあります。これを使うと、あなたのアプリケーションと Google ユーザーアカウントを統合することができます。 Users サービスでは、ユーザーは既にログインしている Google アカウントをアプリケーションで使用できます。

Users サービスを使用すると、このアプリケーションでの挨拶文のパーソナライズが簡単にできます。



Usersを使用する

今回もmyapp/hello.go を編集し、中身を以下のように書き換えます:

package hello

import (
    "fmt"
    "net/http"

    "appengine"
    "appengine/user"
)

func init() {
    http.HandleFunc("/", handler)
}

func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    c := appengine.NewContext(r)
    u := user.Current(c)
    if u == nil {
        url, err := user.LoginURL(c, r.URL.String())
        if err != nil {
            http.Error(w, err.Error(), http.StatusInternalServerError)
            return
        }
        w.Header().Set("Location", url)
        w.WriteHeader(http.StatusFound)
        return
    }
    fmt.Fprintf(w, "Hello, %v!", u)
}

ブラウザー上でページを再読み込みしてください。 ローカルデベロップメントサーバを動作させている時、あなたのアプリケーションはユーザーtest@example.comを表示します。 これは、ローカルデベロップメントサーバが動作している時のみ表示されるユーザー名です。

しかし、アプリケーションがApp Engine上で動作している場合はユーザーはGoogle アカウントのログインベージに送られ、ログインもしくはアカウントの作成に成功するとアプリケーションに送り返されます。



Users API

それでは、新しく追加したコードを詳しく見てみましょう:

// Create a new context.
c := appengine.NewContext(r)

このappengine.NewContext 関数は現在のリクエストと関連するappengine.Context値を返します。 これは、App Engine サービスと通信するためにGo App Engine SDKの多くの関数で使用される不定値です。

// Get the current user.
u := user.Current(c)

ユーザーが既にあなたのアプリケーションにログインしている場合、 user.Currentはそのユーザーのuser.User値への参照を返します。 ログインしていない場合は、nilを返します。

if u == nil {
    url, err := user.LoginURL(c, r.URL.String())
    if err != nil {
        http.Error(w, err.Error(), http.StatusInternalServerError)
        return
    }
    w.Header().Set("Location", url)
    w.WriteHeader(http.StatusFound)
    return
}

ユーザーがログインしていない場合は、Location ヘッダを設定してHTTPステータスコード302 "Found"を返すことで、 ユーザーのブラウザをGoogle アカウントログイン画面にリダイレクトします。 リダイレクトにはこのページの情報(r.URL.String())も含まれているので、 ユーザーがログインしたり新規アカウント登録した後に、Google アカウントログイン側の処理機構はユーザーをアプリケーションのページへ送り返すことができます。

user.LoginURL 関数は、戻り値の第二引数として error 値を返します。 ここでエラーが発生することは少ないですが、可能であればエラーを確認してエラーユーザを表示したほうが良いでしょう (in this case, with the http.Error helper).

// Display an output message with user name.
fmt.Fprintf(w, "Hello, %v!", u)

ユーザーがログインしている場合は、ユーザーアカウントと関連するを使ってパーソナライズされたメッセージが表示されます。 今回の場合、fmt.Fprintf関数は *user.UserStringメソッドを呼んで文字列フォーム内のユーザー名を取得します。

Users APIに関する詳細情報については、 Users リファレンスを参照してください。

注意: ログインユーザーのためだけに表示される特別なパスを作るには、app.yamlファイルでlogin: requiredディレクティブを使用してください。 詳細についてはapp.yaml リファレンスを参照してください。



次は…

これでアプリケーションは、訪れたユーザーに名前で挨拶できます。それでは、ユーザーがお互いに挨拶できる機能を追加しましょう。

フォームを処理する >>



エンジェル戦記