サイトのトップへ戻る

Google App Engine ドキュメント日本語訳

テンプレートを使用する

コード上に埋め込まれたHTML は見難く、維持・管理が難しいものです。 It's better to use a templating system, where the HTML is kept in a separate file with special syntax to indicate where the data from the application appears. Python用のテンプレートシステムはたくさんあります: EZT, Cheetah, ClearSilver, Quixote, Django, Jinja2 などはほんの一部です。 アプリケーションのコードに組み入れることで、任意のテンプレートエンジンを使用することができます。

App Engine には Django と Jinja2 のテンプレートエンジンが含まれていますので、是非お役立てください。



Jinja2 テンプレートを使用する

最初に、guestbook/app.yamlの下部にあるlibraries項目を編集します:

app.yaml
View on GitHub
libraries:
- name: webapp2
  version: latest
- name: jinja2
  version: latest

この設定により、サポートされている最新版のJinja2 があなたのアプリケーションで使用可能になります。 互換性の問題が発生する可能性を避けるために、重要なアプリケーションでは最新版ではなく安定版を使用してください。

次に、guestbook/guestbook.py上部の記述を変更します:

guestbook.py
View on GitHub
import os
import urllib

from google.appengine.api import users
from google.appengine.ext import ndb

import jinja2
import webapp2


JINJA_ENVIRONMENT = jinja2.Environment(
    loader=jinja2.FileSystemLoader(os.path.dirname(__file__)),
    extensions=['jinja2.ext.autoescape'],
    autoescape=True)

以下のようなコードで MainPage ハンドラを書き換えます。:

guestbook.py
View on GitHub
class MainPage(webapp2.RequestHandler):

    def get(self):
        guestbook_name = self.request.get('guestbook_name',
                                          DEFAULT_GUESTBOOK_NAME)
        greetings_query = Greeting.query(
            ancestor=guestbook_key(guestbook_name)).order(-Greeting.date)
        greetings = greetings_query.fetch(10)

        user = users.get_current_user()
        if user:
            url = users.create_logout_url(self.request.uri)
            url_linktext = 'Logout'
        else:
            url = users.create_login_url(self.request.uri)
            url_linktext = 'Login'

        template_values = {
            'user': user,
            'greetings': greetings,
            'guestbook_name': urllib.quote_plus(guestbook_name),
            'url': url,
            'url_linktext': url_linktext,
        }

        template = JINJA_ENVIRONMENT.get_template('index.html')
        self.response.write(template.render(template_values))

最後に、以下の内容が記述されたindex.htmlという名前のファイルを、 guestbookディレクトリ内に新規作成します。:

index.html
View on GitHub
<!DOCTYPE html>
{% autoescape true %}
<html>
  <body>
    {% for greeting in greetings %}
      {% if greeting.author %}
        <b>{{ greeting.author.email }}
          {% if user and user.user_id() == greeting.author.identity %}
            (You)
          {% endif %}
        </b> wrote:
      {% else %}
       An anonymous person wrote:
      {% endif %}
      <blockquote>{{ greeting.content }}</blockquote>
    {% endfor %}

    <form action="/sign?guestbook_name={{ guestbook_name }}" method="post">
      <div><textarea name="content" rows="3" cols="60"></textarea></div>
      <div><input type="submit" value="Sign Guestbook"></div>
    </form>

    <hr>

    <form>Guestbook name:
      <input value="{{ guestbook_name }}" name="guestbook_name">
      <input type="submit" value="switch">
    </form>

    <a href="{{ url|safe }}">{{ url_linktext }}</a>

  </body>
</html>
{% endautoescape %}

ページを再読み込みし、アプリの動作を試してみてください。

JINJA_ENVIRONMENT.get_template(name) にテンプレートファイルの名前を指定すると、 template オブジェクトが戻り値として返ります。 template.render(template_values) にディクショナリ型の値を指定すると、描写されたテキストが戻り値として返ります。 template はJinja2 のテンプレート構文を使ってこれら値へのアクセスや反復処理を行い、これらの値のプロパティへ参照できます。 多くの場合、データストアのモデルオブジェクトを引数として直接templateに渡し、templateのプロパティには直接アクセスすることができます。

ヒント: App Engine アプリケーションは、プロジェクトにアップロードされた全てのファイル・ライブラリモジュールに読み取り専用のアクセス権を持っており、それ以外のファイルはありません。 現在の動作ディレクトリはアプリケーションのルートディレクトリなので、index.htmlへのパスは単純に "index.html"となります。



その他テンプレート言語

このサンプルは Jinja2上で動作しますが、Google開発者コンソールにはFlask やBottleを使ったApp Engine スタータープロジェクトもあります。



次は...

全てのウェブアプリケーションは、テンプレートやその他のメカニズムを使って、アプリケーションコードから動的に生成されたHTMLを返します。 ほとんどのウェブアプリケーションでは、画像やCSSスタイルシートやJavaScript ファイルのような静的コンテンツも用意する必要があります。 効率化のために、 App Engine では静的ファイルをアプリケーションのソースやデータファイルとは別に扱います。 App Engineの静的ファイル機能を使ってアプリケーションでCSSスタイルシートを使用することができます。

静的ファイルを使用する >>



エンジェル戦記