トップへ戻る Cdrom || Color || Cursors || Display || Draw || Event || Examples || Font || Gfxdraw || Image || Joystick || Key || Locals || Mask || Mixer || Mouse || Movie || Music || Overlay || Pixelarray || Pygame || Rect || Scrap || Sndarray || Sprite || Surface || Surfarray || Tests || Time || Transform
pygame.joystick
    ジョイスティック機器と情報のやり取りを行うpygameモジュールです。

    このjoystickモージュールは、コンピューターに接続されたジョイスティック機器の管理を行います(ジョイスティックは複数接続できます)。ここでいうジョイスティック機器にはトラックボールやTVゲームに使うコントロールパッドなどが含まれます。このモジュールによって、ボタンやハットスイッチなど複数の入力装置を使用したゲーム操作が行えるようになります。



    pygame.joystick.init
      joystickモジュールを初期化します。
      pygame.joystick.init(): return None

      この命令はpygame.init命令を実行したときに自動的に実行されます。

      この命令でjoystickモジュールを初期化します。プレイヤーパソコン環境にて、接続されている全てのジョイスティック機器を使用可能かスキャンを行います。このページにある他のジョイスティック操作命令を実行する前には、この命令を必ず実行してください。

      この命令は複数回実行しても特に問題ありません。



    pygame.joystick.quit
      joystickモジュールの初期化を解除します。
      pygame.joystick.quit(): return None

      joystickモジュールの初期化を解除します。この命令を実行すると、作成済みのjoystickオブジェクトは一切動作しなくなります。

      この命令は複数回実行しても特に問題ありません。



    pygame.joystick.get_init
      joystickモジュールが初期化されている場合はtrueが戻り値として返されます。
      pygame.joystick.get_init(): return bool

      pygame.joystick.init命令が実行されているかを確認します。



    pygame.joystick.get_count
      パソコンにどれくらいのジョイスティック機器が接続されているか調べます。
      pygame.joystick.get_count(): return count

      パソコンに接続されているジョイスティック機器の数を戻り値として返します。ジョイスティック機器が一つも接続されてない場合は0が戻り値として返されます。

      pygame.joystick.Joystick(id)命令を使用してJoystickオブジェクトを新規に作成する場合は、ここで取得された数値よりも低い数値を引数に設定しなければいけません。



    pygame.joystick.Joystick
      Joystickオブジェクトを新規に作成します。
      pygame.joystick.Joystick(id): return Joystick
        Joystick.init - Joystickオブジェクトを初期化します。
        Joystick.quit - Joystickオブジェクトの初期を解除します。
        Joystick.get_init - Joystickオブジェクトが初期化されているか確認します。
        Joystick.get_id - Joystickオブジェクトに設定されたIDを取得します。
        Joystick.get_name - ジョイスティック機器のシステム名前を取得します。
        Joystick.get_numaxes - ジョイスティック機器に搭載された操作用レバー数を取得します。
        Joystick.get_axis - 操作レバーの現在の傾き位置を取得します。
        Joystick.get_numballs - ジョイスティック機器に搭載されたトラックボールの数を取得します。
        Joystick.get_ball - トラックボールの相対位置を取得します。
        Joystick.get_numbuttons - ジョイスティック機器に搭載されたボタンの数を取得します。
        Joystick.get_button - 現在のボタンの状態を取得します。
        Joystick.get_numhats - ジョイスティック機器に搭載されたハットスイッチの数を取得します。
        Joystick.get_hat - ハットスイッチの傾き位置情報を取得します。

      物理デバイスにアクセルするためのjoystickオブジェクトを新規に作成します。ここで設定するid引数は「0~pygame.joystick.get_count()の戻り値より1小さい値」でなければいけません。

      Joystickオブジェクトの命令を実行するためには、あらかじめJoystickオブジェクトをinit()で初期化しておく必要があります。この初期化は、ジョイスティックモジュールの初期化とは別に行っておかなければなりません。同一のジョイスティック機器に対して複数のJoystickオブジェクトが設定された場合、(例えば、複数のJoystickオブジェクトに同じIDが設定されていた状態)、それらのオブジェクト間では現在の状態や内部情報が共有されます。

      Joystickオブジェクトを使用することで、ジョイスティック機器の操作状況を取得することができます。ジョイスティック機器が初期化されると、Pygameのイベントキューはその機器からの入力情報のイベントを取得を開始します。

      Joystickオブジェクトの初期化を行っていなくても、Joystick.get_name命令とJoystick.get_id命令については実行することができます。



      Joystick.init
        Joystickオブジェクトを初期化します。
        Joystick.init(): return None

        ジョイスティックの操作状況を取得するためには、Joystickオブジェクト初期化しておかなければなりません。Joystickオブジェクトが初期化されると、Pygameのイベントキューはその機器からの入力情報の取得のイベントを開始します

        この命令を複数回実行しても特に問題はありません。



      Joystick.quit
        Joystickオブジェクトの初期を解除します。
        Joystick.quit(): return None

        Joystickオブジェクトの初期を解除します。この命令が実行された後は、Pygameのイベントキューはジョイスティック機器からのイベント情報を受け取ることができなくなります。

        この命令を複数回実行しても特に問題はありません。



      Joystick.get_init
        Joystickオブジェクトが初期化されているか確認します。
        Joystick.get_init(): return bool

        Joystickオブジェクトのinit()命令が実行済みの場合はTrueが戻り値として返ります。



      Joystick.get_id
        Joystickオブジェクトに設定されたIDを取得します。
        Joystick.get_id(): return int

        ジョイスティック機器を識別するための数字IDを戻り値をして返します。ここで取得される数字は、pygame.joystick.Joystick(id)でオブジェクトを作成したときに設定したIDと同じものです。この命令はJoystickオブジェクトを初期化する前に実行しても特に問題ありません。



      Joystick.get_name
        ジョイスティック機器のシステム名前を取得します。
        Joystick.get_name(): return string

        ジョイスティック機器のシステム名を戻り値として返します。システムがジョイスティック機器にどういった名前を割り振るかは分かりませんが、機器を識別するための固有のシステム名が割り振られます。この命令はJoystickオブジェクトを初期化する前に実行しても特に問題ありません。



      Joystick.get_numaxes
        ジョイスティック機器に搭載された操作用レバー数を取得します。
        Joystick.get_numaxes(): return int

        ジョイスティック機器に搭載された入力用レバー数を戻り値として返します。通常のジョイスティックなら2が戻り値として返ります。ラダーペダルやスロットルレバーのようなコントローラーも追加のレバーとして扱われます。

        pygame.JOYAXISMOTIONイベントでは、-1.0から1.0までの値が取得されます。値が0.0の場合、レバーは中央にあります。ゲームパッドを使用しているのなら取得される値は通常-1か0か1の三つの整数値となり、その間にある少数値になることはありません。古いアナログ式ジョイスティックのレバーの場合は、取得される値は-1や0や1といった整数ではなく0を中央とした少数値となります。 Analog joysticks usually have a bit of noise in their axis, which will generate a lot of rapid small motion events.



      Joystick.get_axis
        操作レバーの現在の傾き位置を取得します。
        Joystick.get_axis(axis_number): return float

        ジョイスティックの操作用レバーの傾き位置を戻り値として返します。取得される値は-1から1の範囲となり、値が0の場合レバーは中央にあります。 You may want to take into account some tolerance to handle jitter, and joystick drift may keep the joystick from centering at 0 or using the full range of position values.

        axis_number引数に設定する値は、「0~pygame.joystick.get_numaxes()の戻り値より1小さい値」でなければいけません。



      Joystick.get_numballs
        ジョイスティック機器に搭載されたトラックボールの数を取得します。
        Joystick.get_numballs(): return int

        ジョイスティック機器に搭載されたトラックボールの数を戻り値として返します。トラックボールはマウスと同じような操作機器ですが、絶対位置というものがありません。; 相対的な移動距離のみを入力できます。

        トラックボールが動かされたとき、pygame.JOYBALLMOTIONイベントがイベントキューに送られます。トラックボールの動かされた距離が情報として伝えられるのです。



      Joystick.get_ball
        トラックボールの相対位置を取得します。
        Joystick.get_ball(ball_number): return x, y

        ジョイスティックボタンの相対的な移動距離を戻り値として返します。ここで取得できるxとyの値は、最後にget_ball命令が呼び出された時の位置からどれだけ移動したかを表します。

        ball_number引数に設定する値は、「0~pygame.joystick.get_numballs()の戻り値より1小さい値」でなければいけません。



      Joystick.get_numbuttons
        ジョイスティック機器に搭載されたボタンの数を取得します。
        Joystick.get_numbuttons(): return int

        ジョイスティック機器に搭載されたプッシュボタンの数を戻り値として返します。これらのボタンは、押されているか押されていないかの状態を表すboolean型の値を持っています。

        ボタンが押されたり離されたりすると、pygame.JOYBUTTONDOWNイベントやpygame.JOYBUTTONUPイベントが発生します。



      Joystick.get_button
        現在のボタンの状態を取得します。
        Joystick.get_button(button): return bool

        ジョイスティック機器に搭載されたボタンの現在の状態を戻り値として返します。



      Joystick.get_numhats
        ジョイスティック機器に搭載されたハットスイッチの数を取得します。
        Joystick.get_numhats(): return int

        ジョイスティック機器に搭載されたハットスイッチの数を戻り値として返します。ハットスイッチとは、ジョイスティック上にある小型の仮想ジョイスティックのようなものです。ハットスイッチには二つの入力用レバーが付いています。

        ハットスイッチを動かすと、pygame.JOYHATMOTIONイベントが発生します。イベントには-1か0か1で位置情報を表すペアの値が含まれています。 位置情報が(0, 0)の場合はハットスイッチは中央にあります。



      Joystick.get_hat
        ハットスイッチの傾き位置情報を取得します。
        Joystick.get_hat(hat_number): return x, y

        ハットスイッチの現在の傾き位置情報を戻り値として返します。ここで取得される位置情報は、ハットスイッチのX座標とY座標を表す二つの値となります。座標が(0, 0)の場合、ハットスイッチは中央にあります。-1の場合はスイッチが左もしくは下に動いていることを表し、1の場合は右か上へ動いていることを表します。:したがって、(-1, 0)は左位置; (1, 0)は右位置; (0, 1) は上位置; (1, 1)は右上位置;などとなります。

        この値はデジタル値となります。つまり各座標の値は-1か0か1の三つの整数値にしかならず、その間にある少数値にはなりません。

        hat_number引数に設定する値は、「0~pygame.joystick.get_numhats()の戻り値より1小さい値」でなければいけません。



トップへ戻る Cdrom || Color || Cursors || Display || Draw || Event || Examples || Font || Gfxdraw || Image || Joystick || Key || Locals || Mask || Mixer || Mouse || Movie || Music || Overlay || Pixelarray || Pygame || Rect || Scrap || Sndarray || Sprite || Surface || Surfarray || Tests || Time || Transform