トップへ戻る Cdrom || Color || Cursors || Display || Draw || Event || Examples || Font || Gfxdraw || Image || Joystick || Key || Locals || Mask || Mixer || Mouse || Movie || Music || Overlay || Pixelarray || Pygame || Rect || Scrap || Sndarray || Sprite || Surface || Surfarray || Tests || Time || Transform
pygame.examples
    pygame.examples.aliens.main
      インベーダーゲームの完成バージョンのサンプルをプレイします。
      pygame.examples.aliens.main(): return None

      このインベーダーゲームのサンプルは、元々SDLのデモストレーションのために作られました。今では単なるサンプルを超えて、十分に遊べるゲームにまで進化しています。このサンプルでは、スプライト機能や最適化したコピー描写処理の様々使用方法を豊富に見ることができます。また、透過処理、透明色、フォント、音声、音楽、ジョイスティック機能など、他にも様々な処理が取り入れされています。(追伸。私のハイスコアは117です!あなたも頑張ってください)



    pygame.examples.oldalien.main
      インベーダーゲームのオリジナルバージョンのサンプルをプレイします。
      pygame.examples.oldalien.main(): return None

      このインベーダーゲームのサンプルは、元々のSDLのデモストレーションの原型に近いものです。このソースコードはとてもシンプルに書かれているので、初めてコードを見る人にとってはよりよい一歩となるでしょう。ここで使われているコピー描写処理は最適化されているものではありませんが、単純な処理しかしていないので十分な速度で動きます。



    pygame.examples.stars.main
      シンプルな宇宙空間の画面を表示するサンプルを実行します。
      pygame.examples.stars.main(): return None

      シンプルな宇宙空間の画面を表示するサンプルです。画面上を右クリックすることで、視点の中心を変更することができます。



    pygame.examples.chimp.main
      動き回るチンパンジーを叩くゲームのサンプル。
      pygame.examples.chimp.main(): return None

      このサンプルは、pygameホームページにある「Chimp Tutorial, Line by Line」の項目で使われているコードを流用しています。チュートリアルページの'有名な'ウェブバナーをクリックすると、元になったソースコードを見ることができます。ソースコードにはコメントが書かれていますが、詳しい説明についてはpygameの該当チュートリアルページにあるのでそちらを参照してください。



    pygame.examples.moveit.main
      画面上にアニメーションを表示します。
      pygame.examples.moveit.main(): return None

      これはpygameのチュートリアルページにある "How Do I Make It Move"の項目で説明している内容が全て含まれた、最新バージョンのサンプルです。このサンプルでは被写体を10個用意してそれらを画面上で動かしています。

      このサンプルコードはバグチェックまでは十分できていませんが、代わりにかなり読みやすいものになっています :幸いこれはpythonなので、エラーコードの山と格闘するようなことはないでしょう。



    pygame.examples.fonty.main
      文字を描写するサンプルコードを実行します。
      pygame.examples.fonty.main(): return None

      フォントモジュールを使って複数の方法で文字描写をする、とても軽くとてもシンプルなアプリケーションです。



    pygame.examples.vgrade.main
      垂直向きのグラデーションを描写します。
      pygame.examples.vgrade.main(): return None

      NumPyモジュールを使って垂直方向のグラデーションを作る方法の例です。このサンプルでは0.5秒ごとに新しいグラデーションが作られ、その画像を作成して描写するまでにかかった時間が通知されます。NumPyモジュールを使う予定がないのであれば。このサンプルのことは気にしないで下さい。:]

      補足
       
      付属しているサンプルは現在のnumpyのバージョンに適応していないようです。
      独自に動作確認したサンプルを下記に記載します。
      
      import os, pygame
      from pygame.locals import *
      
      try:
          from numpy import *
          from numpy.oldnumeric import *
          from numpy.random import *
      except ImportError:
          raise SystemExit('This example requires Numeric and the pygame surfarray module')
      
      pygame.surfarray.use_arraytype('numpy')
      
      timer = 0
      def stopwatch(message = None):
          "simple routine to time python code"
          global timer
          if not message:
              timer = pygame.time.get_ticks()
              return
          now = pygame.time.get_ticks()
          runtime = (now - timer)/1000.0 + .001
          print ("%s %s %s" %
                 (message, runtime, ('seconds	(%.2ffps)'%(1.0/runtime))))
          timer = now
      
      
      
      def VertGrad3D(surf, topcolor, bottomcolor):
          "creates a new 3d vertical gradient array"
          topcolor = array(topcolor, copy=0)
          bottomcolor = array(bottomcolor, copy=0)
          diff = bottomcolor - topcolor
          width, height = surf.get_size()
          # create array from 0.0 to 1.0 triplets
          column = arange(height, dtype=Float)/height
          column = repeat(column[:, newaxis], [3], 1)
          # create a single column of gradient
          column = topcolor + (diff * column).astype(Int)
          # make the column a 3d image column by adding X
          column = column.astype(UnsignedInt8)[newaxis,:,:]
          #3d array into 2d array
          column = pygame.surfarray.map_array(surf, column)
          # stretch the column into a full image
          return resize(column, (width, height))
      
      
      
      def DisplayGradient(surf):
          "choose random colors and show them"
          stopwatch()
          colors = randint(0, 255, (2, 3))
          grade = VertGrad3D(surf, colors[0], colors[1])
          pygame.surfarray.blit_array(surf, grade)
          pygame.display.flip()
          stopwatch('Gradient:')
      
      
      
      def main():
          pygame.init()
          size = 600, 400
          os.environ['SDL_VIDEO_CENTERED'] = '1'
          screen = pygame.display.set_mode(size, NOFRAME, 0)
      
          pygame.event.set_blocked(MOUSEMOTION) #keep our queue cleaner
          pygame.time.set_timer(USEREVENT, 500)
      
          while 1:
              event = pygame.event.wait()
              if event.type in (QUIT, KEYDOWN, MOUSEBUTTONDOWN):
                  break
              elif event.type == USEREVENT:
                  DisplayGradient(screen)
      
      
      
      if __name__ == '__main__': main()
      
      


    pygame.examples.eventlist.main
      pygameのイベントを表示します。
      pygame.examples.eventlist.main(): return None

      このサンプルプログラムの画面は大雑把な作りになっていますが、pygameのイベント入力について学ぶのに適したものになっています。画面の上部には各種入力装置の状態を表す値が表示され、画面下部には発生したイベントの一覧がスクロールされて表示されます。

      このコードのユーザーインターフェイスは必ずしも質が高いとは言えませんが、固定の値を表示する方法や動的な値を文章に組み入れて表示する方法を見ることができます。



    pygame.examples.arraydemo.main
      surfarrayを使用して様々な画面を表示するエフェクトです。
      pygame.examples.arraydemo.main(arraytype=None): return None

      surfarrayモジュールを使って、様々な画面表示を切り替えるエフェクトの一例です。このサンプルを実行するにはsurfarrayのモジュールとimageのモジュールがインストールされている必要があります。ごく簡単なサンプルではありますが、surfarrayを試しに使ってみるためのスタートラインとして役に立ってくれるでしょう。

      arraytype引数を設定する場合、指定した配列形式に合ったモジュールが使用されます。'numeric' か 'numpy'のいずれかの形式を指定できます。arraytype引数を指定しない場合はNumPyが既定で選択され、NumPyがインストールされていないとNumericが選択されます。この動きは surfarrayモジュールで'numeric'か'numpy'を配列形式として設定する時と同じです。(これはpygame ver1.9.0で新たに実装されました)



    pygame.examples.sound.main
      音声を読み込んで再生します。
      pygame.examples.sound.main(file_path=None): return None

      mixerモジュールの非常に基本的なテストを行います。音声を読み込んで再生します。全ての処理はコマンドシェル上で行われ、画面には何も表示されません。

      file_path引数を設定していた場合はその音声ファイルが再生され、設定していない場合は既定の音声ファイルが再生されます。

      このサンプルでは再生する音声ファイルを追加の引数として設定できます。



    pygame.examples.sound_array_demos.main
      surfarrayを使用して様々な効果音を再生します。
      pygame.examples.sound_array_demos.main(arraytype=None): return None

      arraytype引数を設定する場合、指定した配列形式に合ったモジュールが使用されます。'numeric' か 'numpy'のいずれかの形式を指定できます。arraytype引数を指定しない場合はNumPyが既定で選択され、NumPyがインストールされていないとNumericが選択されます。

      SndarrayモジュールやNumPyモジュール (もしくは Numericモジュール)を使って作成した音声は、元の音声よりも劣化しています。エコー効果や時間差再生のための設定値は、今のところサンプルコードの中にベタ書きされています。必要に応じて数値を簡単に書き換えることができます。このサンプルプログラムを実行する場合は、numpy か numericを引数として設定することで、使用する配列形式モジュールを選ぶことができます。



    pygame.examples.liquid.main
      水面のゆらぎ効果を表すアニメーションを画面に表示します。
      pygame.examples.liquid.main(): return None

      このサンプルはゲームプログラミング言語BlitzBasicと機能比較するために作られました。それでも8ビットSurfaceを使用した素早い処理に成功しています。(しかもカラーマップ付きで)。



    pygame.examples.glcube.main
      OpenGLを使った3Dの立体アニメーションを表示します。
      pygame.examples.glcube.main(): return None

      PyOpenGL と pygameを使い、回転するマルチカラーの立方体を作ります。



    pygame.examples.scrap_clipboard.main
      クリップボード機能を操作します。
      pygame.examples.scrap_clipboard.main(): return None

      クリップボード機能を使うための簡単なサンプルプログラムです。



    pygame.examples.mask.main
      衝突判定処理を使って、複数の画像が画面上を跳ね回ります。
      pygame.examples.mask.main(*args): return None

      固定引数:

          1つ以上の画像ファイル名
      

      このpygame.masksデモでは、互いにぶつかって跳ね返りながら移動する複数のスプライトが表示されます。スプライトの元となる画像は1つ以上設定することができます。

      このサンプルプログラムを実行する場合は、画像ファイル名を引数として1つ以上指定する必要があります。



    pygame.examples.testsprite.main
      動き回る大量のスプライトを表示します。
      pygame.examples.testsprite.main(update_rects = True, use_static = False, use_FastRenderGroup = False, screen_dims = [640, 480], use_alpha = False, flags = 0): return None

      任意に指定できるキーワード引数:

          update_rects - use the RenderUpdate sprite group class
          use_static - include non-moving images
          use_FastRenderGroup - Use the FastRenderGroup sprite group
          screen_dims - pygame window dimensions
          use_alpha - use alpha blending
          flags - additional display mode flags
      

      SDLに付属しているtestsprite.cのように、このpygameのサンプルでも動き回る大量のスプライトを表示します。

      このサンプルプログラムを実行する場合は、引数を指定しなくても問題ありません。



    pygame.examples.headless_no_windows_needed.main
      指定した画像ファイルの大きさを変更して出力します。
      pygame.examples.headless_no_windows_needed.main(fin, fout, w, h): return None

      引数:

          fin - 入力する画像ファイル名
          fout - 新規作成/上書き保存する際の出力ファイル名
          w, h - 画像を変更するサイズ。横幅と高さを数字で設定する
      

      ヘッドレスサーバーのように、この処理ではウィンドウが表示されません。

      pygameを使って、サイズを変更した画像を作成する処理のサンプルです。

      注意:pygameの画像サイズ変更機能では可能な場合はmmx/sseを使用し、マルチスレッドで実行されます。

      このサンプルプログラムを実行する場合は、下記の引数を設定する必要があります。:

          -scale 入力画像 出力画像 変更する横幅 変更する高さ
          
          例:
           -scale in.png outpng 50 50
      


    pygame.examples.fastevents.main
      fasteventsモジュールのストレステストを実行します。
      pygame.examples.fastevents.main(): return None

      このサンプルではfasteventsモジュールのストレステストを実行します。

      • Fast eventsって全然速くないじゃないか!

      現時点では、普通のpygame.eventのほうが最大で2倍速いように見えます。ですから、fasteventは全く速くないのでしょう。

      athlon搭載のWindowsXP SP2およびFreeBSDでテストした結果、そうした結論に達しました。

      ですが..。DebianがインストールされたDuron 850搭載のマシンでテストした時はfasteventsの方が速かったです。



    pygame.examples.overlay.main
      オーバーレイを使ってpgm形式の動画を再生します。
      pygame.examples.overlay.main(fname): return None

      fname引数に設定したpgm形式の動画を再生します。

      このサンプルプログラムを実行する場合は、再生する動画ファイル名を引数として設定する必要があります。



    pygame.examples.blend_fill.main
      surface.fill命令で様々なブレンドオプションを組み合わせたサンプルです。
      pygame.examples.blend_fill.main(): return None

      surfaceに適用するBLEND_xxxオプションを選んで実行結果を表示することができます。



    pygame.examples.cursors.main
      独自の変更を加えた二つのカーソルを表示します。
      pygame.examples.cursors.main(): return None

      矢印型カーソルか円型カーソルを表示します。



    pygame.examples.pixelarray.main
      pixelarrayを使って作成した様々なエフェクトを表示します。
      pygame.examples.pixelarray.main(): return None

      pixelarrayを使って作成した様々なエフェクトを表示します。



    pygame.examples.scaletest.main
      pygame.transform.smoothscale命令を使って、直接操作しながら画像のサイズを変更します。
      pygame.examples.scaletest.main(imagefile, convert_alpha=False, run_speed_test=True): return None

      引数:

          imagefile - 元画像のファイル名 (必須)
          convert_alpha - Sufaceでconvert_alpha()を使用するか指定 (既定ではFalse)
          run_speed_test - (既定ではFalse)
      

      このサンプルでは画面に表示された画像の大きさを任意に変更します。↑キー、↓キー、→キー、←キーを入力することで、画面に表示された画像の縦幅や横幅を変更できます。 convert_alpha引数にTrueが設定されていた場合は、元画像には透明度が設定されます。これは元々透明度が設定されているいないに関わらず、必ず設定されます。run_speed_test引数にTrueを設定した場合は、画像のサイズを変更する操作画面は表示されず、変更にかかる処理速度のパフォーマンステストがバックグラウンドで行われます。

      このサンプルプログラムを実行する場合は、下記の引数を設定する必要があります。:

          ImageFile [-t] [-convert_alpha]
          [-t] = Run Speed Test
          [-convert_alpha] = Use convert_alpha() on the surf.
      


    pygame.examples.midi.main
      midiを再生するサンプルプログラムを実行します。
      pygame.examples.midi.main(mode='output', device_id=None): return None

      引数:

          mode - 'output'を設定すると、画面に表示されたキーボードをクリックしてmidiを再生するサンプルプログラムを実行します。
                 'input'を設定すると、入力された音階を記録してイベントを発生させるサンプルプログラムを実行します。
                 'list'を設定すると、使用可能なmidiデバイスの一覧を表示します。
                 (default 'output')
          device_id - midiデバイスの識別番号;None値が設定されている場合は、
                      使用環境の既定のmidi入力・出力デバイスが使用されます。
      

      'output'モードでは、マウスのクリック操作やキーボード操作で発生したイベントを、midiで再生する音階に変換する方法を見ることができます。基本的なボタンウィジットと状態遷移処理が実装されています。

      'input'モードでは、midiの入力操作をpygameのイベントに変換する方法を見ることができます。

      With the use of a virtual midi patch cord the output and input examples can be run as separate processes and connected so the keyboard output is displayed on a console.

      このサンプルはpygameのバージョン1.9.0から新たに追加されました。



    pygame.examples.scroll.main
      Surface.scroll命令を実行して拡大した画像を表示します。
      pygame.examples.scroll.main(image_file=None): return None

      このサンプルでは、8倍の大きさに拡大された画像をスクロール表示する例を示します。Surface.scroll命令を使って画面描写surface上の画像をスクロール表示させます。A clip rectangle protects a margin area.このサンプルを実行する際は、任意の画像ファイル名を指定することもできます。image_file引数に表示したい画像のパスを設定します。画像ファイルを設定しなかった場合は、既定の画像ファイルが使用されます。

      画面に表示された黒い三角マークをクリックすると、三角マークの向きの方へ画像が1ピクセル分スクロールします。上下左右の各矢印キーを入力することでも同じ操作ができます。ウィンドウを閉じるか ESCキーを入力することでサンプルプログラムは終了します。



    pygame.examples.movieplayer.main
      MPEG形式の動画を再生します。
      pygame.examples.movieplayer.main(filepath): return None

      PygameでMPEG形式の動画を再生する動画プレイヤーのサンプルです。ここではpygame.movieモジュールを使った例を示します。ウィンドウの画面サイズは動画の大きさに応じてが変更されます。サブウィンドウでも単体で動画が再生できることを見せるために、再生する動画には外枠をつけています。また、Pythonファイル以外の動画も再生できることを示すため、動画ファイルはpygameオブジェクトに変換されて再生します。

      pygame.movieモジュールに不具合があると、全ての環境で一切動作しなくなります。その場合はpygame.movieモジュールではなく ffmpeg のベースバージョンを使った方がよいでしょう



トップへ戻る Cdrom || Color || Cursors || Display || Draw || Event || Examples || Font || Gfxdraw || Image || Joystick || Key || Locals || Mask || Mixer || Mouse || Movie || Music || Overlay || Pixelarray || Pygame || Rect || Scrap || Sndarray || Sprite || Surface || Surfarray || Tests || Time || Transform