サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

Crashlytics キットを使う

Fabricでは、“キット”と呼ばれる個々の機能モジュール群にアクセスできます。 この Crashlytics キットを使うと、クラス最高のクラッシュリポートソリューション、あなたの携帯アプリのベータ版配布、携帯アプリの分析ができます。



iOS版Crashlytics キット

iOS版Crashlytics キットではクラッシュをキャプチャするための優れたサービスを使用できますwhile adding the most important and relevant crash details of your choosing. Fabric プラグインを使って、あなたのアプリにCrashlytics キットをインクルードしてみましょう。;Crashlyticsをインクルードするだけで、すぐにクラッシュリポートが使えるようになります。 - コードを追加する必要はありません。



Android版Crashlytics キット

Android版Crashlytics キットでは、クラッシュを報告し、それらにユーザー情報やその他詳細情報を付けるシンプルなAPIが使用できます。 Fabric プラグインを使って、あなたのアプリにCrashlytics キットをインクルードしてみましょう。;Crashlyticsをインクルードするだけで、すぐにクラッシュリポートが使えるようになります。 - コードを追加する必要はありません。



クラッシュリポート

Crashlyticsのクラッシュリポートは、必要な回答がすぐに得られるよう設計されています。 単にスタックトレースを表示するのではなく、スレッドを分析して問題ない行は優先度を下げて表示し、重要な行は強調して表示します。 これにより、スタックトレースを読むのが簡単に早く、より便利になります。



Crashlyticsでのベータ版配布

Crashlyticsのベータ版配布機能は、ベータ版の配布を可能な限り簡単で直感的にするために作られたクロスプラットフォームのツールセットです。 プラグインを使えば、数ステップで迅速にアプリのテスターを得ることができます。



アンサー機能

アンサー機能を有効にすると、アプリ使用時間からクラッシュ発生頻度まで、ユーザーのアプリ使用状況をリアルタイムに見ることができます。




エンジェル戦記