サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

Tweets

Tweets とは、Twitterにおける全てのものを構成する基本原子です。 Tweetsはまた、一般的には “status updates.”として知られています。 Tweets は埋め込んだりリプライしたりお気に入り登録したりお気に入りを解除したり削除したりすることができます。



フィールドの説明

Tweets を使用する際には、新たにフィールドが追加されるケースやフィールドの並び順がばらばらになるケースを想定してプログラムを組む必要があります。 コンテクストによっては表示されないフィールドもあります。フィールドがnullになっている、emptyと設定されている、フィールド自体が存在しないといった事象は全て同じものと考えて処理を組むのが安全です。検索結果で取得されるTweets はこのドキュメントで説明した構造とは少し変わっているので注意してください。

フィールド 説明
annotations Object 未使用。 Future/beta home for status annotations.
contributors Contributorsの集まり この値はNullとなる場合があります。 公式のツイート主に代わってこのツイートを寄稿したユーザーを表す、簡単な User オブジェクト集(大抵の場合は一つだけです)。 Discussion.

例:

"contributors":
[
    {
        "id":819797,
        "id_str":"819797",
        "screen_name":"episod"
    }
]
coordinates Coordinates この値はNullとなる場合があります。ユーザーやクライアントアプリケーションから報告されたツイートの地理情報を表します。内部の座標配列はgeoJSON形式 (一つ目に経度、二つ目に緯度を記載)になります。

例:

"coordinates":
{
    "coordinates":
    [
        -75.14310264,
        40.05701649
    ],
    "type":"Point"
}
created_at String このツイートが作成された時のUTC時間。

例:

"created_at":"Wed Aug 27 13:08:45 +0000 2008"
current_user_retweet Object Perspectival. include_my_retweet パラメータをサポートしているメソッドで、そのパラメータに trueを設定した場合にのみ表示されます。 リツイートがあれば、このツイートをリツイートしているユーザーのツイートID。

例:

"current_user_retweet": {
  "id": 26815871309,
  "id_str": "26815871309"
}
entities Entities ツイート文から抽出したEntities 。Twitter オブジェクト内のEntities も合わせて参照してください。

例:

"entities":
{
    "hashtags":[],
    "urls":[],
    "user_mentions":[]
}
favorite_count Integer この値はNullとなる場合があります. Twitterユーザーによってこのツイートが“お気に入り登録された” おおよその回数を示します。

例:

"favorite_count":1138
favorited Boolean この値はNullとなる場合があります. Perspectival. 認証ユーザーによって、このツイートがお気に入り登録されたかどうかを示します。

例:

"favorited":true
filter_level String

Indicates the maximum value of the filter_level parameter which may be used and still stream this Tweet. So a value of medium will be streamed on none, low, and medium streams.

例:

"filter_level": "medium"
geo Object 非推奨です。 この値はNullとなる場合があります。代わりに “coordinates” フィールドを使用してください。 Discussion
id Int64 このユーザーのユニークIDを表す数字。この数字は53ビット以上なので、プログラミング言語によってはこの数字を扱う際に、対処が難しく気づきにくいバグが発生する可能性があります。 このIDは符号付64ビット整数に格納して使用するのが安全です。IDを取得する際に id_str を使用するのも良いでしょう。Twitter IDs、 JSON とSnowflakeを参照してください。

例:

"id":114749583439036416
id_str String このユーザーのユニークIDを表す文字列。idの数値が大きすぎてプログラムで実装できない場合は、数値ではなくこの文字列を使ってください。 Discussion.

Example:

"id_str":"114749583439036416"
in_reply_to_screen_name String この値はNullとなる場合があります。このツイートがリプライの場合、このフィールドにはオリジナルツイートのつぶやき主のスクリーンネームが入ります。

Example:

"in_reply_to_screen_name":"twitterapi"
in_reply_to_status_id Int64 この値はNullとなる場合があります。このツイートがリプライの場合、このフィールドにはオリジナルツイートのIDを表す数値が入ります。

例:

"in_reply_to_status_id":114749583439036416
in_reply_to_status_id_str String この値はNullとなる場合があります。 このツイートがリプライの場合、このフィールドにはオリジナルツイートのIDを表す文字列が入ります。

例:

"in_reply_to_status_id_str":"114749583439036416"
in_reply_to_user_id Int64 この値はNullとなる場合があります。このツイートがリプライの場合、このフィールドにはオリジナルツイートのつぶやき主のIDを表す数値が入ります。 これは、必ずしもツイート内で直接言及している相手のIDが入るとは限りません。

例:

"in_reply_to_user_id":819797
in_reply_to_user_id_str String この値はNullとなる場合があります。このツイートがリプライの場合、このフィールドにはオリジナルツイートのつぶやき主のIDを表す文字列が入ります。 これは、必ずしもツイート内で直接言及している相手のIDが入るとは限りません。

例:

"in_reply_to_user_id_str":"819797"
lang String この値はNullとなる場合があります。 このフィールドが存在する場合、それはツイート文から自動的に特定したBCP 47 言語識別子を表します。または、言語が特定できなかった場合は “und” になります。

例:

"lang": "en"
place Places この値はNullとなる場合があります。このフィールドが存在する場合、このツイートにはPlace情報が関連付けられていることを表します(必ずしもツイートの発信場所が設定されるわけではありません)。

例:

"place":
{
    "attributes":{},
     "bounding_box":
    {
        "coordinates":
        [[
                [-77.119759,38.791645],
                [-76.909393,38.791645],
                [-76.909393,38.995548],
                [-77.119759,38.995548]
        ]],
        "type":"Polygon"
    },
     "country":"United States",
     "country_code":"US",
     "full_name":"Washington, DC",
     "id":"01fbe706f872cb32",
     "name":"Washington",
     "place_type":"city",
     "url": "http://api.twitter.com/1/geo/id/01fbe706f872cb32.json"
}
possibly_sensitive Boolean この値はNullとなる場合があります。このフィールドは、ツイート内にリンクが含まれている場合にのみ表示されます。 このフィールドがtrueになっていたとしても、ツイート文の内容自体がデリケートな事柄となっているとは限りません。 ツイート内のURLの内容がデリケートな事柄である可能性があります。

例:

"possibly_sensitive":true
quoted_status_id Int64 このフィールドは、ツイートが引用ツイートだった場合に表示されます。このフィールドには引用元ツイートの数値型ツイートIDが設定されます。

例:

"quoted_status_id":114749583439036416
quoted_status_id_str String このフィールドは、ツイートが引用ツイートだった場合に表示されます。このフィールドには引用元ツイートのツイートIDを表す文字列設定されます。

例:

"quoted_status_id_str":"114749583439036416"
quoted_status Tweet このフィールドは、ツイートが引用ツイートだった場合に表示されます。この属性には引用元ツイートのTweetオブジェクトが設定されます。
scopes Object A set of key-value pairs indicating the intended contextual delivery of the containing Tweet.現在はTwitterのPromoted Productsで使用されています。

例:

"scopes":{"followers":false}
retweet_count Int このツイートがリツイートされた回数。 This field is no longer capped at 99 and will not turn into a String for “100+”

例:

"retweet_count":1585
retweeted Boolean Perspectival.このツイートが、認証ユーザーによってリツイートされたかどうかを示します。

例:

"retweeted":false
retweeted_status Tweet ユーザーはリツイートすることによって、ほかのユーザーがつぶやいたツイートを拡散することができます。retweeted_status属性があるかどうかによって、リツイートと通常のツイートを区別することができます。 この属性には、リツイートされたオリジナル Tweetの内容が記載されています。 リツイートをリツイートしてもその間にあるリツイートは記載は表示されず、オリジナルのツイートのみが表示されるので注意してください。 (ユーザーはリツイートを削除することによって、作成したリツイートを 解除することもできます。)
source String Utility used to post the Tweet, as an HTML-formatted string. Tweets from the Twitter website have a source value of web.

例:

"source":"\u003Ca href="http:\/\/itunes.apple.com\/us\/app\/twitter\/id409789998?mt=12" rel="nofollow"\u003ETwitter for Mac\u003C\/a\u003E"
          
text String ステータスの更新に使う UTF-8 文。 現状で使用できる文字の詳細についてはtwitter-text を参照してください。

例:

"text":"Tweet Button, Follow Button, and Web Intents javascript now support SSL http:\/\/t.co\/9fbA0oYy ^TS"
truncated Boolean 例えばリツイートの内容が140文字を超過した場合など、textパラメータの値が切り捨てられいるかどうかを示します。 切り捨てが発生したテキストは...のような省略記号が文末に付きます。 現在Twitterでは長すぎるツイートを投稿できないようになっているので、大多数のツイートではこの値はfalseとなっています。
Note that while native retweets may have their toplevel text property shortened, the original text will be available under the retweeted_status object and the truncated parameter will be set to the value of the original status (in most cases, false).

Example:

"truncated":true
user Users このツイートを投稿したユーザー。このオブジェクト内に埋め込まれた Perspectival 属性は不確かな情報です。 Why are embedded objects stale or inaccurate?を参照してください。

例:

"user":{"statuses_count":3080, "favourites_count":22, "protected":false, "profile_text_color":"437792", "profile_image_url":"...", "name":"Twitter API", "profile_sidebar_fill_color":"a9d9f1", "listed_count":9252, "following":true, "profile_background_tile":false, "utc_offset":-28800, "description":"The Real Twitter API. I tweet about API changes, service issues and happily answer questions about Twitter and our API. Don't get an answer? It's on my website.", "location":"San Francisco, CA", "contributors_enabled":true, "verified":true, "profile_link_color":"0094C2", "followers_count":665829, "url":"http:\/\/dev.twitter.com", "default_profile":false, "profile_sidebar_border_color":"0094C2", "screen_name":"twitterapi", "default_profile_image":false, "notifications":false, "display_url":null, "show_all_inline_media":false, "geo_enabled":true, "profile_use_background_image":true, "friends_count":32, "id_str":"6253282", "entities":{"hashtags":[], "urls":[], "user_mentions":[]}, "expanded_url":null, "is_translator":false, "lang":"en", "time_zone":"Pacific Time (US & Canada)", "created_at":"Wed May 23 06:01:13 +0000 2007", "profile_background_color":"e8f2f7", "id":6253282, "follow_request_sent":false, "profile_background_image_url_https":"...", "profile_background_image_url":"...", "profile_image_url_https":"..."}
withheld_copyright Boolean このフィールドが存在してなおかつ “true”が設定されていた場合は、このコンテンツの一部がDMCA からのクレームによって制限状態になっていることを示します。

Example:

"withheld_copyright": true
withheld_in_countries Stringの配列 このフィールドが存在した場合、このコンテンツが制限されている国の二文字国コード(大文字)を一覧にしたものを表します。 Twitter はこのフィールドで、以下の国以外の値をサポートしています。:
  • “XX” - このコンテンツは全ての国で制限されています。
  • “XY” - コンテンツは DMCA の要求により制限されています。

例:

"withheld_in_countries": ["GR", "HK", "MY"]
withheld_scope String

このフィールドが存在した場合、制限されているコンテンツが “status”単位の制限か “user”単位の制限かを表します。

例:

"withheld_scope": "status"


Contributors

ツイートに寄稿者がいない場合、 empty もしくは以下のようになります。

"contributors" : {}

このフィールドは、ユーザーのアカウント上に有効な寄稿者が登録されている場合にのみ表示されます。 — これは、まだ一般では全開放されていないベータ機能です。

フィールド 説明
id Int64 このツイートを寄稿したユーザーのIDを表す数値。

例:

"id":819797
id_str String このツイートを寄稿したユーザーのIDを表す文字列。

例:

"id_str":"819797"
screen_name String このツイートを寄稿したユーザーのスクリーンネーム。

例:

"screen_name":"episod"


Coordinates

フィールド 説明
coordinates Float型の集まり ツイート位置の経度と緯度を、[経度,緯度]の形式でまとめたもの。

例:

"coordinates":[-97.51087576,35.46500176]
type String 座標プロパティのおいて、どういったデータ型にエンコードされたか。ツイートの座標フィールドの場合、データ型は “Point” になります。

例:

"type":"Point"