サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

Entities

EntitiesにはTwitterに投稿されたコンテンツのメタデータやコンテキスト情報が格納されています。 Entities は対応するコンテンツと切り離すことができません。 API v1.1では、 entities are returned wherever Tweets are found in the API. Entities は URLsを解決する際に役立ちます。

Twitter オブジェクト内でentities を使用するための詳細な説明については、オブジェクト内の Entities を読んでください。



フィールドの説明

Entities を使用する際には、新たにフィールドが追加されるケースやフィールドの並び順がばらばらになるケースを想定してプログラムを組む必要があります。 コンテクストによっては表示されないフィールドもあります。フィールドがnullになっている、emptyと設定されている、フィールド自体が存在しないといった事象は全て同じものと考えて処理を組むのが安全です。検索結果で取得されるTweets はこのドキュメントで説明した構造とは少し変わっているので注意してください。

フィールド 説明
hashtags オブジェクトの配列 ツイート文から抽出したハッシュタグを表します。

例:

"hashtags":[{"indices":[32,36],"text":"lol"}]
media オブジェクトの配列 ツイートと一緒にアップロードされたメディアのエレメントを表します。

例:

"media":[{"type":"photo", "sizes":{"thumb":{"h":150, "resize":"crop", "w":150}, "large":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}, "medium":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}, "small":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}}, "indices":[15,35], "url":"http:\/\/t.co\/rJC5Pxsu", "media_url":"http:\/\/p.twimg.com\/AZVLmp-CIAAbkyy.jpg", "display_url":"pic.twitter.com\/rJC5Pxsu", "id":114080493040967680, "id_str":"114080493040967680", "expanded_url": "http:\/\/twitter.com\/yunorno\/status\/114080493036773378\/photo\/1", "media_url_https":"https:\/\/p.twimg.com\/AZVLmp-CIAAbkyy.jpg"}]
urls オブジェクトの配列 ツイート文や、user オブジェクトのtextual フィールドに格納されているURLを表します。

ツイート文の例:

"urls":[{"indices":[32,52], "url":"http:\/\/t.co\/IOwBrTZR", "display_url":"youtube.com\/watch?v=oHg5SJ\u2026", "expanded_url":"http:\/\/www.youtube.com\/watch?v=oHg5SJYRHA0"}]

User オブジェクトの例:

"urls":[{"indices":[32,52], "url":"http:\/\/t.co\/IOwBrTZR", "display_url":"youtube.com\/watch?v=oHg5SJ\u2026", "expanded_url":"http:\/\/www.youtube.com\/watch?v=oHg5SJYRHA0"}]
user_mentions オブジェクトの配列 ツイート文で言及されている他のTwitterユーザーを表します。

例:

"user_mentions":[{"name":"Twitter API", "indices":[4,15], "screen_name":"twitterapi", "id":6253282, "id_str":"6253282"}]


Hashtags

フィールド 説明
indices 数値の配列 ツイート文内で、ハッシュタグの始まりと終わりの位置情報を表す数値の配列。一つ目の数値は、ツイート文内での#文字の位置を表します。 二つ目の数値はハッシュタグの後ろにある最初の文字の位置を表します。したがって、二つ目の数字から一つ目の数字を引くと、実際のハッシュタグ名よりも1文字( ‘#’ 文字の分)長くなります。

例:

"indices":[32,36]
text String 先頭にある‘#’文字を省いたハッシュタグ名。

例:

"text":"lol"


Media

フィールド 説明
display_url String クライアントへ表示するメディアのURL。

例:

"display_url":"pic.twitter.com\/rJC5Pxsu"
expanded_url String display_urlの拡張版。メディアが表示されるページへのリンク。

例:

"expanded_url": "http:\/\/twitter.com\/yunorno\/status\/114080493036773378\/photo\/1"
id Int64 64ビット整数で表現したメディアID。

例:

"id":114080493040967680
id_str String 文字列で表現したメディアID。

例:

"id_str":"114080493040967680"
indices 数値の配列 ツイート文内で、URLの始まりと終わりの位置情報を表す数値の配列。一つ目の数値は、ツイート文内におけるURLの最初の文字位置を表します。二つ目の数値は、URLの後ろにある最初のURLでない文字の位置を表します。 (URLがツイート文内で最後の文字だった場合は、URLの最後の文字の位置を表します)。

例:

"indices":[15,35]
media_url String アップロードしたメディアファイルを直接参照する http:// 形式のURL。

例:

"media_url":"http:\/\/p.twimg.com\/AZVLmp-CIAAbkyy.jpg"

ダイレクトメッセージ内のメディアの場合、 media_urlmedia_url_httpsと同じhttps 形式のURLとなり、認証済みのtwitter.comセッションを経由して接続するか、 OAuth 1.0Aを使ったユーザーのアクセストークンでリクエストを署名して接続しなければなりません。ウェブページにこれらの画像を直接埋め込むことはできません。

media_url_https String アップロードしたメディアファイルを直接参照する https:// 形式のURL。https のページに埋め込む場合に使います。

例:

"media_url_https":"https:\/\/p.twimg.com\/AZVLmp-CIAAbkyy.jpg"

ダイレクトメッセージ内のメディアの場合、 media_url_https には認証済みのtwitter.comセッションを経由して接続するか、 OAuth 1.0Aを使ったユーザーのアクセストークンでリクエストを署名して接続しなければなりません。ウェブページにこれらの画像を直接埋め込むことはできません。

sizes オブジェクト このメディアファイルで使用できるサイズを表すオブジェクトです。

例:

"sizes":{"thumb":{"h":150, "resize":"crop", "w":150}, "large":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}, "medium":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}, "small":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}}
source_status_id Int64 ツイートに添付されているメディアが元々は別のツイートに添付されていたものだった場合、これはオリジナルツイートのIDを表します。

例:

"source_status_id": 205282515685081088
source_status_id_str Int64 ツイートに添付されているメディアが元々は別のツイートに添付されていたものだった場合、これはオリジナルツイートの文字列ベースのIDを表します。

例:

  "source_status_id_str": "205282515685081088"
type String アップロードされたメディアの種類。

例:

"type":"photo"
url String Wrapped URL for the media link. This corresponds with the URL embedded directly into the raw Tweet text, and the values for the indices parameter.

Example:

"url":"http:\/\/t.co\/rJC5Pxsu"


Size

フィールド 説明
h Int このsizeオブジェクトのピクセル単位の高さ。

例:

"h":150
resize String このsizeオブジェクトを取得する際に使用されたサイズ変更方式。 この値がfitだった場合は、元の縦横比を維持したまま一辺を合わせる形でサイズ変更したことを意味します。 この値がcropだった場合は、特定の解像度に合わせるためにメディアの切抜きが行われたことを意味します。

例:

"resize":"crop"
w Int このsizeオブジェクトのピクセル単位の横幅。

例:

"w":150


Sizes

フィールド 説明
thumb オブジェクト このメディアのサムネイル版のサイズ情報。

例:

"thumb":{"h":150, "resize":"crop", "w":150}
large オブジェクト このメディアの大表示版のサイズ情報。

例:

"large":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}
medium オブジェクト このメディアの中表示版のサイズ情報。

例:

"medium":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}
small オブジェクト このメディアの小表示版のサイズ情報。

例:

"small":{"h":238, "resize":"fit", "w":226}


URL

フィールド 説明
display_url String クライアントへ表示するバージョンのURL。

例:

"display_url":"youtube.com\/watch?v=oHg5SJ\u2026"
expanded_url String display_urlの拡張版

例:

"expanded_url":"http:\/\/www.youtube.com\/watch?v=oHg5SJYRHA0"
indices 数値の配列 ツイート文内で、URLの始まりと終わりの位置情報を表す数値の配列。一つ目の数値は、ツイート文内におけるURLの最初の文字位置を表します。二つ目の数値は、URLの後ろにある最初のURLでない文字の位置を表します。

例:

"indices":[32,52]
url String Wrapped URL, corresponding to the value embedded directly into the raw Tweet text, and the values for the
indices
parameter.

例:

"url":"http:\/\/t.co\/IOwBrTZR"


User Mention

フィールド 説明
id Int64 言及されているユーザーのIDを数値型で表したもの。

例:

"id":6253282
id_str String 言及されているユーザーのIDを文字列型で表したもの。

例:

"id_str":"6253282"
indices 数値の配列 ツイート文内で、ユーザー参照部分の始まりと終わりの位置情報を表す数値の配列。一つ目の数値は、ツイート文内におけるユーザーメンションの‘@’文字の位置を表します。二つ目の数値は、ユーザーメンションの後ろにあるスクリーンネームでない最初の文字の位置を表します。

例:

"indices":[4,15]
name String 参照ユーザーの表示名。

例:

"name":"Twitter API"
screen_name String 参照ユーザーのスクリーンネーム。

例:

"screen_name":"twitterapi"