サイトのトップへ戻る

jsTreeドキュメント日本語訳

インスタンスの設定

概要でも説明したように、インスタンスを作成しただけでは既定の設定は一切変更されていません。:

$('#jstree').jstree();


以降のインスタンスで使用される既定値を変更することができます:

$.jstree.defaults.core.themes.variant = "large";
$('#jstree').jstree();


しかし大抵の場合、作成したタイミングでのみ既定値を変更したいと思うでしょう。インスタンス作成時にコンフィグオブジェクトを設定することでこれが可能になります。:

$('#jstree').jstree({
  "plugins" : [ "wholerow", "checkbox" ]
});


上記の例でみられるように、 - コンフィグオブジェクトにはpluginsという名前の識別キーが一つあります。 これはインスタンスで有効にしたいプラグインの名前を含む、文字の配列です。

プラグインに依存しない設定値は全て、coreと名づけられたキーを持つコンフィグオブジェクトに格納されています。 プラグイン依存の設定値は、そのプラグインと同じ名前キーを持つコンフィグオブジェクトに格納されています。:

$('#jstree').jstree({
  "core" : {
    "themes" : {
      "variant" : "large"
    }
  },
  "checkbox" : {
    "keep_selected_style" : false
  },
  "plugins" : [ "wholerow", "checkbox" ]
});


全ての設定値とその既定値はここで見ることができます。 この一覧の設定値はインスタンス上から設定することができます。
例えば、既定では$.jstree.defaults.core.multipleのツリーは複数の選択状態を認めており、これを上書きするには使用しているコンフィグオブジェクトが"core" : { "multiple" : false }となっているか確認してください。同じキー(下記"core" のように)の中で複数の上書きをした場合、それらはグループ化されます:

$("#jstree").jstree({
  "core" : {
    "multiple" : false,
    "animation" : 0
  }
});


注意事項

  • 本サイトはjsTreeのサイトを翻訳したものであり、jsTreeに関する著作権は全てそちらに帰属しています。
  • 誤訳が判明した場合、より分かりやすい言い回しが見つかった場合、原文が変更された場合などにより、本サイトの内容は予告なく変更されることがあります。
  • 誤訳についての指摘や未翻訳部分についての助言など、ご意見についてはこちらへいただけると助かります。
  • 翻訳の内容には誤りがある可能性があります。本サイトの記述内容によって不利益が発生した場合も、サイト管理人は一切の責任を負いません。
  •   

エンジェル戦記