サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

埋め込み型ツイート

ツイートURL を WordPress post editorに貼り付けたり、[tweet]WordPress ショートコードをカスタマイズしたりすることで WordPress 用Twitterプラグインは 埋め込み型ツイートをサポートしています。



ツイートURLを使った埋め込み

以下のように投稿コンテンツの範囲内の行にツイートURLをコピーペーストすることで、WordPress の投稿に埋め込み型ツイートを追加します。

このクールなツイートを見てくれよ:

https://twitter.com/Interior/status/552230355781320704

これはクールなツイートだ。

The Twitter plugin for WordPress extends the oEmbed Tweet URL functionality available since WordPress 3.4 with additional plugin-specific functionality. URL-based embeds pass through the plugin’s shortcode handler for site-wide customization of Tweet parameters. JavaScript normally returned in an oEmbed response is enqueued through the WordPress resource manager, improving site performance while centralizing customizations.



ショートコード機能を使った埋め込み

WordPress 用 Twitter プラグインはtweet ショートコードハンドラを登録し、 ショートコードマクロを使って埋め込み型ツイートのカスタマイズをできるようにします。

このクールなツイートを見てくれよ:

[tweet id="552230355781320704" align="right"]

これはクールなツイートだ。

サポートされているショートコードパラメータ

id 必須

希望するツイートの数値型 ID 。

サンプル値: 552230355781320704

cards 任意

動画、写真、リンクプレビューの自動拡張を無効にするには、 false0nooffを設定します。

サンプル値: false

conversation 任意

このツイートが別のツイートへのリプライだった場合、会話内の前のツイートを非表示にするにはfalse0nooffを設定します。

サンプル値: false

align 任意

親エレメントに対して相対的にツイートを配置するにはleftcenterrightを設定します。

サンプル値: right



フィルタを使ったサイト全体のカスタマイズ

WordPress フィルターshortcode_atts_tweetに渡された連想配列にしたがって動作することで、ウェブサイトはサイト全体の埋め込み型ツイートに関する設定を設定できます。 このフィルターにしたがって動作するFunctions では、cardsキーやconversationキー の値を変更する場合にはboolean 型を設定しなければなりません。

例:

/**
 * Always hide previous Tweet in conversation
 *
 * @param array $options parsed options with defaults applied
 * @param array $defaults default values of an embedded Tweet
 * @param array $attributes user-defined shortcode attributes
 *
 * @return array options array with our customization applied
 */
function tweet_custom_options( $options, $defaults, $attributes )
{
  $options['conversation'] = false;
  return $options;
}
add_filter( 'shortcode_atts_tweet', 'tweet_custom_options', 10, 3 );



エンジェル戦記