サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

ブラウザでのログインフロー



概要

ブラウザでのログインフローは、ウェブサイトやブラウザを開いたり埋め込んだりできるアプリケーションに適しています。 At a very high level:

  • アプリケーションはTwitterログインリンクやボタンを描写します。
  • ユーザーはログインボタンをクリックします。
  • 現在のウェブブラウザは Twitter へリダイレクトされます(もしくは新しいブラウザが開いてTwitterへ送られます)。
  • 必要に応じて、ユーザーはTwitterでのログイン、承認手順を実行します。
  • Twitter はユーザーに承認情報を渡してアプリケーションの制御下にあるURLへ送り戻します。

Twitter は承認状態を記録し続けるので、既にtwitter.com にログインしてアプリケーションを承認しているユーザーの場合は、UI は表示されません。 - 代わりに、それらユーザーは自動的にアプリケーションへ送り戻されます。



デスクトップのフロー

To demonstrate the flows, pretend the website pictured to the right (“The greatest website ever created”) has implemented this API, as shown by the Sign in with Twitter button on the landing page.

ユーザーがログインボタンをクリックした時、ログインしているか、アプリケーションが自分のアカウントにアクセスするのを許可したか、によって表示されるページが変わります。

ユーザーがtwitter.comへログインしているがアクセスは許可していない場合、ログインに必要な権限の一覧とキャンセルボタンが表示されます。

ユーザーがtwitter.comにログインしていない場合、 ユーザー名とパスワードの入力欄が表示されます。ユーザーが既にアプリケーションへアクセス権を付与している場合でも、権限の一覧が表示されるので注意してください。


(必要であれば)ユーザーが有効な資格情報を入力して “Sign In”をクリックした後、 Twitter はユーザーをログインフローを開始したウェブサイトへリダイレクトします。

ユーザーが既にtwitter.com にログインしてウェブサイトにアクセス権を付与している場合は、即座にリダイレクトが発生します。

このログインフローを実装する方法について学ぶには、 Twitterへのログインを実装するを読んでください。