サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

Twitter Appを設定する

注意

Fabric Mac appを使ってTwitter キットをアプリに組み込んだ場合、Fabric Mac appによって自動的にアプリの作成と設定が行われます。 appに既存Twitter appのキーを使用したいのであれば、このページを読んでください。 そうでなければ、この文書は無視してかまいません。



Twitter キットを使ってTwitter の APIにアクセスするには、コンシューマキーとコンシューマ秘密情報(“Twitter app”と総称される)が必要です。 Twitter開発者サイトでアプリケーションの設定を作成したり確認したりできます。

  1. Twitter開発者サイト内にあるあなたのアプリケーション設定ページに移動します。
  2. 該当するアプリケーションを探して、そのアクセス権のタブ(permissions tab)を開きます。
  3. 必要に応じた適切なアクセス権を選択します (例えば “読み込みと書き込み”など)
  4. あなたのアプリがログイン機能を使用している場合は、コールバック URL(Callback URL)の欄に代表URLを追加します。 (例えば “http://example.com”).
  5. 設定を更新する(update settings)をクリックします。


コールバック URL

Fabric はコールバックURLの欄に入力された値を無視しますが、SDKを使ったアプリが動作している正しいURLを設定しなければなりません。



ツイッターへのログインを許可する

ツイッターへのログイン機能を使用したい場合は、このアプリはツイッターへのログインに使用されます(Allow this application to be used to Sign in to Twitter)をチェックしてください:



追加のアクセス権

アプリでツイートの書き込みや DM’sへのアクセスが必要な場合は、アプリで追加のアクセス権を有効にする必要があります。

アプリケーションのパーミッションモデルに対する変更は、パーミッションモデルが保存された後にアクセストークンを取得した時点で有効になります。 アクセス権レベルを変更するには、関連する各アプリユーザーと既存アクセストークンの再ネゴシエーションをする必要があります。





エンジェル戦記