サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

Twitter

Twitter キットは、TwitterCoreTweetUiTweetComposerDigitsから成るキットの集まりです。



キットを設定する

build.gradle ファイルのdependenciesにTwitter キットを追加してください。

dependencies {
    compile('com.twitter.sdk.android:twitter:1.3.2@aar') {
        transitive = true;
    }
}

Fabric.with() を実行する時にTwitter キットをインクルードするようにしてください。

import io.fabric.sdk.android.Fabric;
import com.twitter.sdk.android.Twitter;
import com.twitter.sdk.android.core.TwitterAuthConfig;
...

@Override
public void onCreate() {
    super.onCreate();

    TwitterAuthConfig authConfig =  
                new TwitterAuthConfig("consumerKey", 
                                     "consumerSecret");
    Fabric.with(this, new Twitter(authConfig));
}


proguard.cfgファイルを編集する

アプリで proguard を使用する場合は、proguard の設定に以下を追加してください。

Twitter キットを使用している場合:

-dontwarn com.squareup.okhttp.**
-dontwarn com.google.appengine.api.urlfetch.**
-dontwarn rx.**
-dontwarn retrofit.**
-keepattributes Signature
-keepattributes *Annotation*
-keep class com.squareup.okhttp.** { *; }
-keep interface com.squareup.okhttp.** { *; }
-keep class retrofit.** { *; }
-keepclasseswithmembers class * {
    @retrofit.http.* ;
}


キットを使用する

Twitterキットでは、Fabricで提供されている他のTwitter コンポーネントの基底メソッドが使用できます。 Fabricで初期化した後に、Twitter クラスのフィールドを介してそれらのメソッドを使用できます。

TwitterCore core = Twitter.core;
TweetUi tweetUi = Twitter.tweetUi;
TweetComposer composer = Twitter.tweetComposer;
Digits digits = Twitter.digits;

Twitter キットを使えるようになったら、以下の機能についてもっと学びましょう: