サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

チーム作業

Fabric はチーム作業用に設計されています。

最上部には 組織アカウント(organization)があります。組織アカウント は特定のアプリ群に関連付けられているアカウント(people)の集まりです。

これは Awesome Apps Coといったような会社と考えることができます。

個人用のFabric アカウントは二つの方法で 組織アカウントに紐付けられます: 登録して新しい 組織アカウントを作成する、もしくは現役ユーザーによって既存の組織アカウントに招待されることです。

株式会社Awesome Apps の創設者が最初に自分のアカウントを作成し、その後残りのチームメンバーを組織アカウントに招待するといったようなイメージです。

自分のアカウントを設定すると、アプリをオンボードすることができるようになります。組織アカウントの全メンバーがアプリ全ての作業をこなす訳ではないと思うので、メンバー個人を組織アカウント内の チーム(teams) に招待することもできます。

Awesome Apps はiOS バージョンと Android バージョンがあります。全てのエンジニアはAwesome Apps orgの一員ですが、自分が作業をするアプリにのみアクセスできます。



チームメンバーを招待する

チームメンバーをあなたの組織アカウントに招待する場合、そのメンバーがアクセス権を持つアプリを設定することができます。

Fabric のダッシュボードから、左側の設定タブをクリックし、あなたの組織アカウントを選んで“招待(Invite)”をクリックします。 招待したいメンバーのEメールアドレスを追加し、メンバーが参照できるアプリを選択すると招待状が送信されます。



組織アカウント(Organization)を追加する

仕事とサイドプロジェクトの両方であアプリを開発している場合、もしくは複数のクライアント向けにアプリを作成している場合は、複数の組織アカウントを作ってプロジェクトを完全に分割することができます。

新しく組織アカウントを追加するには、設定ダッシュボードを開き、組織アカウント(Organizations)を選択し、“追加(Add)”をクリックします。

現時点では、組織アカウント間でのアプリの移動はできません。新しい組織アカウントにアプリを移動させたい場合 (例えば、アプリ開発を新しいチームや別の会社に移管する場合)、現在の組織アカウントからアプリを削除し、それを新しい組織アカウントにオンボードする必要があります。



アクセス権

Fabricには、オーナーとメンバーという二つのアクセス権レベルがあります。

オーナーは特に何も設定せずとも、自分の組織アカウントのアプリ全てを参照できます。また以下のことができます:

  • チームメンバーを招待もしくは削除する
  • アプリにチームメンバーを追加する
  • チームメンバーのアクセス権を変更する
  • org 設定を変更する
  • アプリを削除する
  • アプリの設定を変更する
  • 通知を受け取る

メンバー自分に割り当てられたアプリのみを参照できます。また、以下のことができます:

  • チームメンバーを招待する
  • アプリの設定を変更する
  • 通知を受け取る



エンジェル戦記