サイトのトップへ戻る

Twitter 開発者 ドキュメント日本語訳

サイト内検索

カスタムウェブ連動機能

Crashlytics はカスタムウェブ連動機能を使って更新内容をあなたのサーバへ送信します。 カスタムウェブ連動機能を設定するには、あなたのウェブサイトのURLを登録する必要があります。 あなたの設定パネル上でアプリをクリックし、連携サービスのページで“Web Hook,”をクリックしてあなたのURLを入力します。

カスタムウェブ連動機能を有効にする場合、登録したURLで動いているサービスは二つの POST リクエスト (検証リクエストと問題の影響変動) に応答しなければなりません 。



1. 検証用リクエスト

ウェブ連携機能を有効にした後、 Crashlytics は登録されたURLに検証用リクエストを送信します。 このPOSTは ‘verification’ パラメータを持っており、body部は以下のような JSON 形式になっています:

{
  "event": "verification",
  "payload_type": "none"
}

検証リクエストを成功させるには、あなたの連携サービスで200番台のステータスコードで応答しなければなりません。



2. 問題の影響変動

各問題ごとに、あなたが設定した閾値(影響レベル)に達した時に通知が一回発生します。この時、 Crashlyticsは以下のようなJSON 形式を送信します:

{
  "event": "issue_impact_change",
  "payload_type": "issue",
  "payload": {
    "display_id": 123 ,
    "title": "Issue Title" ,
    "method": "methodName of issue",
    "impact_level": 2,
    "crashes_count": 54,
    "impacted_devices_count": 16,
    "url": "http://crashlytics.com/full/url/to/issue"
  }
}


このPOSTでは問題については全ての基本情報が含まれています:

  • タイトル
  • サブタイトル
  • これまでに記録されたクラッシュ数
  • これまでに記録された、影響を受けた端末数
  • ディスプレイ番号
  • 現在の影響レベル

またダッシュボード上の問題管理ページの直リンクも含まれています。連携サービスではこのPOSTに対して200番台のステータスコードで応答しなければなりません。 連携サービスで初回に応答失敗した場合、Crashlytics は数回リトライをします。




エンジェル戦記