サイトのトップへ戻る

Multi-OS Engineドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Multi-OS Engineを使い、Android アプリケーションを Apple iOS プラットフォームへ移植する

ここでは、Multi-OS Engineに関するその他のチュートリアルについて記載しています。

この記事では、Intelの Multi-OS Engineテクノロジープレビュー版を使って既存のAndroid アプリをiOS 端末へ移植するのに必要な手順の概要を説明します。

このプロセスには、Android Studio とMulti-OS Engine ソフトウェアがインストールされている、ローカルのApple macOS開発機が必要です。 また、Apple Xcodeソフトウェアを使ってアプリのUIを実装することもできます。

まずはAndroid Studio上で、ローカルのビルド構成が設定されているMulti-OS Engine モジュール用のプロジェクトを新規に作成してください。 プロジェクトを作成してビルド構成を設定する方法の詳細については、Android 端末用と iOS 端末用のHello Worldアプリを作成する の項目を参照してください。

移植のプロセスは以下のような手順となります:

./img/porting1.png



アプリロジック部分を特定し、UI部分と分離する

アプリの機能全体を、common モジュールとUIモジュールに分けてプロセスを開始ます。 common モジュールでは、iOS とAndroid 両方のプラットフォームで共通するアプリケーションロジックを実装します。 各UI モジュールでは、特定のプラットフォーム固有のUI機能を実装します。 このやり方の場合、Android モジュールとiOS モジュール間で共通機能を共有します。



Multi-OS Engineを使ってUIをデザインする

Multi-OS Engineでは、Apple Xcode Interface Builderを使い、またAndroid Studio上でJava バインディングを生成することで、 Apple iOSアプリケーション用のレイアウトとUIの定義をサポートしています。



UI を Javaへバインドする

UIのデザインにXcode ストーリーボードを使用している場合は、Xcode上で作成した全てのUI コントロールとアクションについて、Javaバインディングを生成する必要があります。 詳細については Xcode のストーリーボードを使ってUIを作成する を参照してください。



Adding Event Handling

If you have an event handling associated with any component, you can create instances of the event based classes that need to be assigned an action in order to respond to some event.



Implementing App’s Logic

iOS モジュールとAndroid モジュールがプラットフォームに依存しない機能を共通できるように、アプリのロジックを実行したcommon モジュールを作成してください。 詳細については Android 端末用と iOS 端末用の Common モジュールを作成するを参照してください。