サイトのトップへ戻る

Android Studio ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

新しい端末用のモジュールを追加する

モジュールでは、アプリのソースコード・リソースファイル・モジュールレベルビルドファイルと行ったアプリレベルの設定・Android マニフェストファイルなどのコンテナが用意されています。 各モジュールは独立してビルド・テスト・デバッグが出来ます。

Android Studioではモジュールを使って、新しい端末をプロジェクトへ追加することが簡単にできます。 Android Studioでは簡単な手順を踏むことで、Android Wear や Android TVといった種類の端末の固有コードを含んだモジュールを作成できます。 Android Studioは、source ディレクトリやresource ディレクトリといったモジュールのディレクトリや、デバイスの種類に適した既定 build.gradleファイルを自動的に作成します。 また Android Studioは、 Android TV モジュール用のLeanback ライブラリを使用する、といったような推奨されるビルド構成で端末モジュールを作成します。

このページでは、特定の端末用のモジュールを新規に追加する方法について説明します。

またAndroid Studio は、ライブラリやGoogle Cloud モジュールを簡単にプロジェクトへ追加できます。 ライブラリモジュール作成に関する詳細については、ライブラリモジュールを作成するを参照してください。 Google Cloud モジュール作成に関する詳細については、App Engine Java Servlet モジュールの追加を参照してください。



モジュールを新規作成する

新たに端末用のモジュールをプロジェクトへ追加するには、以下のように作業します:

  1. File > New > New Moduleをクリックします。
  2. 表示されたCreate New Module ウィンドウで、 Android Studio は以下の端末モジュールを提示してきます:
    • 携帯 & タブレット モジュール
    • Android ウェア モジュール
    • Android TV モジュール
    • Glass モジュール
    希望する端末用のモジュールを選び、Nextをクリックします。
  3. 新規モジュール設定 フォーム内で、以下の詳細を入力します:
    • アプリケーション名: この名前は、新しいモジュールのアプリランチャーアイコンのタイトルとして使われます。
    • モジュール名:このテキストは、ソースコードとリソースファイルが表示されるフォルダーの名前として使われます。
    • パッケージ名: これは、モジュール内のコードのJava名前空間です。モジュールのAndroid マニフェストファイルpackage 属性として追加されます。
    • 最小SDK:この設定は、アプリモジュールがサポートするAndroid プラットフォームの最低バージョンを示します。 この値は build.gradleファイルの minSdkVersion属性に設定され、後から変更することもできます。

    その後Nextをクリックします。

  4. 以降のページでは、選んだ端末モジュールに応じた、メインアクティビティとして使用できるコードテンプレートの選択肢が表示されます。 使いたいアクティビティのテンプレートをクリックして、 Nextをクリックします。 アクティビティが必要ない場合は、Add No Activityをクリックして Finishをクリックすれば完了です。
  5. アクティビティのテンプレートを選んだ場合は、 アクティビティのカスタマイズ ページでアクティビティの設定を入力します。 ほとんどのテンプレートではアクティビティ名レイアウト名タイトルの入力が求められますが、 各テンプレートはアクティビティ固有の設定値を持っています。 Finishをクリックします。アクティビティテンプレートの付いたアプリモジュールを作成したら、すぐにそのモジュールを端末上で実行したりテストしたりできます。

Android Studio は新しい端末で必要なファイルをすべて作成し、プロジェクトと新しいモジュールのgradle ファイルを同期させます。 新しい端末用のモジュールを追加すると、対象の端末で必要な依存ファイルもモジュールのビルドファイルに追加されます。

Gradle プロジェクトの同期が完了したら、 Projectウィンドウの左側に新しいモジュールが表示されます。 新しいモジュールが表示されない場合は、 Projectではなく Android ビューが表示されてしまっていないか確認してください。



モジュールをインポートする

プロジェクトに既存のモジュールをインポートするには、以下の手順を行います:

  1. File > New > Import Moduleの順でクリックします。
  2. Source directory ボックス内で、インポートするモジュールのディレクトリを入力もしくは選択します。:
    • モジュールを一つインポートする場合は、ルートディレクトリを指定します。
    • プロジェクトから複数のモジュールをインポートする場合は、プロジェクトフォルダーを指定します。 フォルダー内にある各モジュールごとにボックスが表示されるので、Source locationModule nameを指定します。 インポートするモジュールのImportチェックボックスにチェックを入れるようにしてください。
    モジュールが依存ファイルを持っている場合は、Additional required modulesに一覧表示されるのでインポートしてください。
  3. Module name フィールドに希望するモジュール名を入力します。
  4. Finish.をクリックします。

モジュールがインポートされると、左側のProject ウィンドウ に表示されます。



次のステップ

新しいモジュールの追加ができたら、モジュールコードとリソースの編集、モジュールのビルド設定の編集、モジュールのビルドができます。 また、他のアプリのようにそのモジュールの実行やデバッグもできます。

また、コードとリソースを追加して新たな端末を適切にサポートしたいことでしょう。 異なる端末タイプごとのアプリモジュールを開発する方法の詳細については、対応するドキュメントを参照してください:

新しいモジュールを開発する際、別のアプリモジュールで既に重複している端末に依存しないコードを作成することがあります。 重複コードを管理するのではなく、共有コードをライブラリモジュールに移動させて、そのライブラリを依存ファイルとしてアプリモジュールに追加する方法をご検討ください。 ライブラリモジュールを作成してそれを依存ファイルとして追加する方法については、Android ライブラリを作成するを参照してください。




エンジェル戦記