サイトのトップへ戻る

Android Studio ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

アプリのリソースを追加する

ビットマップやレイアウトといったアプリリソースは、各モジュールのres/ ディレクトリ内にある型専用のディレクトリに置かれます。 各リソースファイルは、異なる端末用に最適化した切り替え版ファイルを追加することもできます (高密度画面向けの高解像度バージョンビットマップファイルのような)。

Android Studioは、様々な方法で新たなリソースや切り替え用リソースを追加する手助けをします。 追加方法は追加するリソースのタイプによって変わります。 このページでは、一般的なXML ファイルやリソースディレクトリをプロジェクトに追加する方法について説明します。 その他のリソースタイプの詳細については以下のページを参照してください:

アプリのコードから各リソースを参照する方法の詳細については、リソースの提供を参照してください。



XML リソースファイルを追加する

上記のリンクページでは各リソースタイプをカスタマイズする作業について説明していますが、 以下の手順でXMLリソースファイルを追加することができます。:

  1. Project ウィンドウ (Android ビューもしくは Project ビューview)で対象のアプリモジュールをクリックし、 それからFile > New >Android resource fileの順で選びます。

  2. ダイアログ内の各詳細情報を記載します:
    • File name: XML ファイルの名前を入力します (ファイル名の後ろに.xml を付ける必要はありません)。
    • Resource type: 作成したいリソースのタイプを選びます。
    • Root element: 該当する場合は、ファイルのルートXML要素を選びます。一部のリソースは一種類のルート要素のみしかサポートしていないので、上記で選んだタイプによってはこの項目は編集できないかもしれません。
    • Source set: ファイルを保存する ソースセットを選びます。
    • Directory name: ディレクトリは、リソースタイプと構成修飾子の固有の方法で名前を付ける必要があります。 そのため、ディレクトリ名に構成修飾子を手動で追加しないのであればこれは編集しないでください(代わりに Available qualifiers を見てください)。
    • Available qualifiers: layoutディレクトリの構成修飾子を入力するのではなく、左側の一覧から修飾子をクリックして選び、 Add をクリックします。
  3. 必要な修飾子を全て追加したら、OKをクリックします。

ヒント: res フォルダ内の既存のリソースディレクトリを右クリックし、New > type resource fileを選びます。 こうすることで、希望のリソースタイプ固有の簡略版New Resource Fileダイアログが開きます。



リソースディレクトリを追加する

新規にリソースディレクトリを追加する必要がある場合、以下の手順に沿って作業します:

  1. Project ウィンドウ内で対象のアプリモジュールをクリックし、File > New > Android resource directoryの順で選びます。

  2. ダイアログ内の各詳細情報を記載します:
    • Directory name: ディレクトリは、リソースタイプと構成修飾子の固有の方法で名前を付ける必要があります。 そのため、ディレクトリ名に構成修飾子を手動で追加しないのであればこれは編集しないでください (代わりに Available qualifiers を使ってください)。
    • Resource type: 作成したいリソースのタイプを選びます。
    • Source set: 配置したいsource set を選びます。
    • Available qualifiers: layoutディレクトリの構成修飾子を入力するのではなく、左側の一覧から修飾子をクリックして選び、 Add をクリックしてください。
  3. 必要な修飾子を全て追加したら、OKをクリックします。



エンジェル戦記