サイトのトップへ戻る

Android Studio ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

MonkeyImage

monkeyrunner クラスは、端末やエミュレーターの画面の画像を保持します。 画像は、スクリーンショット中の画面バッファからコピーされます。 このオブジェクトのメソッドを使用することで、画像を様々な保存形式に変換したり、画像をファイルに書き出したり、画像の一部をコピーしたり、 このオブジェクトと他のMonkeyImageオブジェクトを比較したりできます。

MonkeyImageのインスタンスを新規に作成する必要はありません。 その代わり、MonkeyDevice.takeSnapshot() を使ってスクリーンショットから新規インスタンスを作成します。 例えば、以下のように使用します:

newimage = MonkeyDevice.takeSnapshot()


概要

メソッド
string convertToBytes (string format)
現在の画像を特定の形式に変換して、それを string型の戻り値として返します。 この戻り値には、 インテラブルなバイナリデータとしてアクセスできます。
tuple getRawPixel (integer x, integer y)
画像の(x,y)位置にあるピクセル一点について、(a,r,g,b)形式の数値タプル型を戻り値として返します。
integer getRawPixelInt (integer x, integer y)
画像の(x,y)位置にあるピクセル一点を、32ビット数値の戻り値として返します。
MonkeyImage getSubImage (tuple rect)
現在の画像の矩形選択範囲から、新規MonkeyImage オブジェクトを作成します。
boolean sameAs (MonkeyImage other, float percent)
このMonkeyImage オブジェクトと他のオブジェクトを比較して、その比較結果を戻り値として返します。 percent 引数で、二つの画像が"等しい"ものとして許容される差異の割合を指定します。
void writeToFile (string filename, string format)
現在の画像を、 formatで指定した形式で、filenameで指定したファイルへ書き出します。


Public メソッド

string convertToBytes ( string format)

現在の画像を特定の形式に変換して、それを string型の戻り値として返します。 この戻り値には、 インテラブルなバイナリデータとしてアクセスできます。

引数
format 希望する出力形式。一般的なラスター出力形式は全てサポートされています。 既定値は "png" (Portable Network Graphics)です。

tuple getRawPixel (integer x, integer y)

画像の(x,y)位置にあるピクセル一点について、(a,r,g,b)形式の数値タプル型を戻り値として返します。

引数
x ピクセルの水平方向の位置。スクリーンショットが撮られた時の、画面の左端が開始点0となります。
y ピクセルの垂直方向の位置。スクリーンショットが撮られた時の、画面の上端が開始点0となります。

戻り値
  • ピクセルを表す (a,r,g,b)形式の整数のタプル型。値はそれぞれ、aはアルファチャンネル値、rは赤値、gは緑値、bは青値になります。

tuple getRawPixelInt (integer x, integer y)

画像の(x,y)位置にあるピクセル一点を、integer型の戻り値として返します。 このメソッドを使うとメモリを節約できます。

引数
x ピクセルの水平方向の位置。スクリーンショットが撮られた時の、画面の左端が開始点0となります。
y ピクセルの垂直方向の位置。スクリーンショットが撮られた時の、画面の上端が開始点0となります。

戻り値
  • ピクセルのa値、r値、g値、b値をそれぞれ8ビット整数として結合し、32ビットの整数にします。 左端の8ビットにはa値を入れ、その次の8ビットにはr値を入れる、といったように結合を行います。

MonkeyImage getSubImage (tuple rect)

現在の画像の矩形選択範囲から、新規MonkeyImageオブジェクトを作成します。

引数
rect (x, y, w, h)のタプル型で選択範囲を指定します。xとyは選択範囲の左上隅を0ベースピクセル位置で指定します。 wは範囲の横幅を指定し、hは高さを指定し、両方とも指定方法はピクセル単位です。

画像の向きは、スクリーンショットが作成された時の画面の向きと同じです。


戻り値
  • 選択範囲を含んだ新規 MonkeyImage オブジェクト。

boolean sameAs ( MonkeyImage otherImage, float percent )

このMonkeyImageオブジェクトと他のオブジェクトを比較して、その比較結果を戻り値として返します。 percent引数で、二つの画像が"等しい"ものとして許容される差異の割合を指定します。

引数
other このオブジェクトと比較する別の MonkeyImageオブジェクト。
percent 0.0 から1.0の範囲内のfloat値。このメソッドがtrueを返すために同じにする必要があるピクセル数の割合を示します。 既定値は 1.0で、この場合は全てのピクセルが一致していないければならないことを示します。

戻り値
  • 画像が一致する場合はboolean型の true、一致しない場合はboolean型の false

void writeToFile (string filename, string format)

現在の画像を、 formatで指定した形式で、 filenameで指定したファイルへ書き出します。

引数
path 出力するファイルの完全修飾ファイル名と拡張子。
format このファイルに使用する出力形式。形式が指定されていない場合、このメソッドはファイル名の拡張子から形式を推測しようと試みます。 拡張子がなく形式も指定されていない場合は、既定の形式 "png" (Portable Network Graphics) が使用されます。



エンジェル戦記