サイトのトップへ戻る

Android Studio ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

ネットワークモニター

Android モニターには、 アプリケーションがネットワークリクエストを作成しているタイミングの追跡を可能にする、ネットワークモニターが含まれています。 このツールを使うことで、アプリがデータをいつどのように転送するのかを監視し、基礎となるコードを適切に最適化することができます。

データが転送される頻度と各接続時のデータ転送量を監視することで、 アプリでより効率的にできる範囲を特定してバッテリーの消費を抑えることができます。 一般的には、遅延が発生していたり、後から来た転送が優先されたりした可能性がある、グラフの乱高下を探します。



実行しているアプリをネットワークモニターに表示する

特定の端末上で動作しているアプリをネットワークモニターで表示するには:

  1. 前提条件と依存関係の準備を完了させます。
  2. ハードウェア端末を接続します; ネットワークモニターは、エミュレーターは監視しません。

  3. アプリのプロジェクトを開きます。
  4. ハードウェア端末上でアプリを実行します
  5. Android モニターを表示します
  6. Monitors タブを開いて、ネットワークモニターを表示します
  7. Pause Pause iconをクリックしてネットワークモニターを有効にし、アイコンを選択解除状態にします。
  8. ネットワークモニター上にネットワークトラフィックの表示が開始されます。:

    ネットワークモニターは、端末がキロバイトデータの転送や受信にかかった時間を割り出します。 y軸はキロバイト/秒を表示します。 x軸では最初は○秒で始まり、その後○分○秒といったように進んで行きます。

  9. ネットワークモニターを停止するには、再度 Pause Pause icon をクリックしてアイコンを選択状態にします。



エンジェル戦記