サイトのトップへ戻る

Android Studio ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

メソッドトレース機能

Android モニターに付属しているCPU モニターからメソッドトレースを開始できます。 これを使って、アプリのコールのスタックとタイミングの情報を見ることができます。 この情報はアプリの最適化とデバッグに役立ちます。



メソッドトレースの表示内容を理解する

メソッドトレースの表示は以下の図のようになります:

Method Trace

これには以下の情報が表示されます:

フィールド 説明
Name このメソッドの名前。
Invocation Count メソッドが呼び出された回数。
Inclusive Time (microseconds) メソッドと子メソッドでかかった時間。wall clockもしくはthread timeのどちらか、x-axisメニューで選んだ内容によって変わります。
Exclusive Time (microseconds) メソッドでのみかかった時間 (子メソッドでかかった時間は除きます)。wall clockもしくはthread timeのどちらか、x-axisメニューで選んだ内容によって変わります。

メモ: メソッドトレースを実行すると、CPU時間に大きな影響を与えます。 メソッドトレースを使うとプログラムの流れを理解することができますが、パフォーマンス時間の理解には役立ちません。



CPU モニター上でメソッドトレースを実行する

メソッドトレースを実行するには:

  1. 実行しているアプリを CPUモニターで表示します
  2. Start Method Tracing Start Method Tracing iconをクリックしてトレースを開始し、アイコンを選択状態にします。
  3. トレースを停止するには、 Stop Method Tracing Stop Method Tracing iconをクリックしてアイコンを選択解除状態にします。
  4. コードエディター領域にメソッドトレースが表示されます。

    Android Studio は、 package_yyyy.mm.dd_hh.mm.ss.trace という名前のスナップショットファイルを作成します。 この名前には、キャプチャのアクティビティのパッケージ名(もしくはプロジェクト名)、年、月、日、時間、秒を使用しています。 例えば、com.android.calc_2015.11.17_14.58.48.traceのように。

  5. 表示オプションを指定する:
    • Threadを選びます。
    • グラフィックとメソッド一覧で使用する x-axis 時間を選びます。:
      • Wall Clock Time - メソッドの呼び出しからリターンまでの間にかかった CPU 時間の合計。
      • Thread Time - 呼び出しが処理されるまでの間に、JREがスレッドにスケジュールした時間の合計。 この数値はWall Clock Time以下の値になります: JRE がスレッドに割り込んだ場合はWall Clock Timeより小さくなり、割り込みが無かった場合はWall Clock Timeと同値になります。 スレッドは連続して実行されないことがあります; スレッドが実行されていない時、その時間は除外されます。 スレッドが頻繁に中断され、それが意図した中断でない場合は、アプリのパフォーマンスに影響が出ます。 ですが、同期読み込みのための非同期ラッパーであるメソッドを使う状況、例えばファイルの転送やディスクからの読み込みといった、意図的に長い時間をかける同期操作などもあります。
    • 必要に応じて Color by inclusive timeを選びます。

    グラフィックは各メソッドの wall clock や thread time を表します。 カーソルを表示の上に乗せるとメソッドの情報を取得できます。この情報は表にも表示されます。



保存したメソッドトレースを見る

メソッドトレースを行った後、Android Studio は自動的にそれを保存するので、後からでもそれを見ることができます。

保存したメソッドトレースを調査するには:

  1. メインウィンドウで Captures icon をクリックします。
  2. もしくは View > Tools Windows > Capturesと選びます。

    Captures ウィンドウが表示されます。

  3. Methods Tracing フォルダーを開きます。
  4. 閲覧するファイルをダブルクリックします。


メソッドトレースデータをソートする

メソッドの名前、数、包括時間、限定時間ごとにデータをソートできます。

メソッドトレースデータをソートするには:

  • 列の見出しをクリックして、昇順または降順で表をソートします。


メソッドトレースファイルを操作する

Android Studio上から、メソッドトレースファイルの名前変更、検索、削除ができます。



メソッドトレースファイルの名前を変更する

Android Studio上からファイルの名前を変更しても、そのファイルは引き続き Capturesウィンドウに表示され続けます。

メソッドトレースファイルの名前を変更するには:

  1. Captures ウィンドウで、ファイルを右クリックして Renameを選びます。
  2. ダイアログで、ファイル名を設定して OKをクリックします。


ディスク上にあるメソッドトレースファイルを検索する

Android Studio がメソッドトレースファイルをディスク上で保存した場所を、素早く見つけることができます。

ディスク上にある メソッドトレースファイルを検索するには:

  • Capturesウィンドウで、メソッドトレースファイルを右クリックして Showもしくは Revealを選びます。
  • Android Studio は、OSのファイルブラウザを開いてファイルがある場所を表示します。

メモ: メソッドトレースファイルを移動させると、 Android Studio はCapturesウィンドウ上でそのファイルを表示しなくなります。 ファイルを表示するには、File > Openを使用してください。 また、ファイルの名前を変更したい場合は、OSのファイルブラウザからではなく、Capturesウィンドウから変更してください。



メソッドトレースファイルを削除する

メソッドトレースファイルを削除するには:

  • Capturesウィンドウで、メソッドトレースファイルを右クリックして Deleteを選びます。

Android Studio はCapturesダイアログ上とディスク上から、ファイルを削除します。




エンジェル戦記