サイトのトップへ戻る

Android Studio ドキュメント 日本語訳

サイト内検索

Android モニターの概要

Android モニターを使うことでアプリのパフォーマンスをプロファイルするのに役立つので、それらの最適化・デバッグ・改善を行うことができます。 それにより、端末やAndroid エミュレーターで動作しているアプリを以下の観点で監視することができます。:

  • システムログやユーザー定義ログなどのLog メッセージ
  • メモリ, CPU, GPU の使用状況
  • ネットワークトラフィック (アプリがハードウェア端末で動いている場合のみ)

Android モニターでは、アプリに関するリアルタイムの情報を提供する様々なツールが用意されています。 それを使うことで、アプリ実行時のデータを取得してそれを様々なビューアで分析できる形式のファイルに保存することができます。 また、アプリ実行時のスクリーンショットと動画を取得することもできます。



Log メッセージ

デバッグに役立つログメッセージ(リアルタイムなログとログの履歴)を表示します。

logcat モニター

logcat モニターを使って、システムログメッセージとユーザー定義ログメッセージを見ることができます。 メッセージをフィルタして、興味のある項目だけを表示することができます。


パフォーマンスモニター

アプリの動作とパフォーマンスを可視化します。

メモリーモニター

メモリーモニターを使って、メモリー使用量を評価し、割り当てられていないオブジェクトを見つけ、メモリーリーク箇所を割り出し、接続されている端末が使用しているメモリ量を追跡できます。

CPU モニター

CPU モニターを使って、リアルタイムのCPU使用状況、ユーザーモードとカーネルモードの総CPU 時間(全てのコアを含む)の割合を表示します。

GPU モニター

GPU モニターを使用すると、UI ウィンドウのフレームを参照するのにどれだけ時間がかかるかを視覚的の表示します。

ネットワークモニター

ネットワークモニターを使って、ネットワークリクエスト(いつ、どれくらい、アプリがデータを転送したかを含む)の分析を行えます。 ネットワークの使用を最適化することで、バッテリーの寿命を延ばせます。


データ分析

Android モニターを使用することで、アプリが動作している間の様々なデータを取得し、それをファイルに保存できます。 ファイルに保存することで、そのデータをいつでも好きな時に参照できます。 Capturesウィンドウにそれらのファイルが一覧表示されます。

HPROF ビューアとアナライザー

Memory モニターを使用して、 Java ヒープを HPROF ファイルに出力します。 HPROF ビューアは、クラス、各クラスのインスタンス、参照ツリーを表示します。参照ツリーは、メモリの使用状況を追跡してメモリーリークを見つけるのに役立ちます。

割り当てトラッカー

Memory モニターを使って、アプリに関する割り当てデータを取得できます。 割り当てデータは割り当てを司る各メソッドだけでなく、割り当てサイズとインスタンスの数も表示します。

メソッドトレース

CPU モニターを使って、アプリのメソッドトレースを実行できます。 メソッドとレースの表示画面では、呼び出しのスタックとタイミング情報を見れます。

システム情報

システム情報ツールを使って、アプリの dumpsys 情報を取得できます。 アクティビティマネージャー、パッケージ、メモリ使用量、グラフィック状態の情報を表示します。

GPU デバッガー

GPU デバッガーを使って、OpenGL ES アプリの分析とデバッグを行えます。 GPU 状態を調査し、特定の描写結果を引き起こした原因を把握します。


画面と動画のキャプチャ

アプリの画面キャプチャと動画を作成し、マーケティングやデバッグに役立ちます。

画面キャプチャ

画面キャプチャツールを使って、ハードウェア端末やエミュレーター上での表示のスクリーンショットを取得します。 必要に応じて、実機の外枠を表示してその中にスクリーンショットを表示することもできます。

動画キャプチャ

動画ツールを使って、ハードウェア端末上での表示の動画を作成します。


はじめに

Android モニターの使用を開始するには、まずは Android モニターの基本を読んでください。




エンジェル戦記